クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

VHDL触ってみた。

せっかくFPGAの本を読んだので、XilinxのISEをインストールしてVHDLで遊んでみました。

[VHDL触ってみた。]の続きを読む
  1. 2017/03/04(土) 03:09:48|
  2. 無意味な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オブジェクト指向は芸術か

ソフトウェア設計の世界にオブジェクト指向という言葉があります。
これ、厄介ですよね。
こういう定義がはっきりしない言葉は怖いです。
単なるスキル不足もあると思いますが、使いづらい言葉です。

[オブジェクト指向は芸術か]の続きを読む
  1. 2016/10/22(土) 01:48:02|
  2. 無意味な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Linuxデビュー

久しぶりに辞書シリーズをやったせいか、パソコンがぶっ壊れました。
ハードディスクが故障してWindowsが起動しなくなりました。
中のケーブルやメモリをひと通り抜き差ししてみたりBIOSに入っていたトラブルナビを起動してみたりしたものの、回復せず。

諦めて新しいHDDを購入しました。
そしてLinuxのUbuntuをいれました。
なぜならWindowsのインストールメディアを持っていないので。

前からLinux使ってみたいと思っていて、Windowsとのデュアルブートにしようかななどと思ってたんですが、
一緒にデュアルするはずだったWindowsがお亡くなりになったのでLinux一本で行くことになりました。

Linux使いたいとか言いつつUbuntuを選ぶっていうのは詳しい人に怒られそうですが、初心者なので許してください。
実家でUbuntuのインストールDVDを作って家に帰ってから入れてみたらすぐ入りました。あっさり。
最初から画面も映るし音も出るし、キーボードマウスもシャカシャカ動きます。
GUIが充実しているのでマウスだけでなんでもできます。
でもそれじゃあLinuxっぽくないというジレンマ。

ブラウザも最初から入ってるからいろいろ調べられるし便利です。
ネット接続は設定めんどくさそうだなと思ったら、なんと何もしてないのに接続されました。すごい。
ちなみにWimaxの端末をUSBで直接PCに繋いでいます。

音楽とか写真とか、2年前くらいに外付けHDDにバックアップをとってあったので、それもコピーしました。
Windowsから外付けHDDに入れたので、ファイルシステム違うけどどうなるのかなと思ったら、
何事もなかったかのように普通に開いてコピーできました。すごいですね。
2年以内のデータは一部を除いて断念です。
音楽はCD持ってるし、写真は一部オンラインアルバムにまとめてあるのでそのへんは問題なしです。
問題はいくつかの自作クソアプリのソースコードを紛失したことです。寂しい…。

今わかってる範囲でこれから問題になりそうなのは、スマホとGPSウォッチの接続です。
ドライバがからむのでかなり厳しそうです。いろいろ調べてみよう。

あと一部の音楽をソニーのATRACフォーマットで取り込んでいたので再生できませんでした。
なんと愚かなことを。CDから取り込み直しです。汎用フォーマットは重要です。

それからWindows組み込みのフォントを持っていないので、このページもちゃんと表示されません。
どうにかなるのかどうか調べます。

このWindows/Mac主流な世界だとLinuxでは何もできない感じになるかと思ってましたが、
全然そんなことなさそうな気配です。
いろんなことをブラウザでやる時代になってきていることも大きいと思います。
ですがそれよりも、各Linux開発チームやアプリ開発者の並々ならぬ意気込みの結果だと思います。本当にすごいです。
Windowsと比べるとUbuntuは起動とシャットダウンが異様に早いです。
電源入れて一旦どこか行こうとしたらすでに起動していました。

ちなみにこのPCはすでに8年目なので、いずれ買い換えると思います。
PCまるごと買うとだいたいWindowsが入っているので、そのままWindowsパソコンになりそうですが、
Linuxが楽しかったら今度こそデュアルしてもいいですね。

あと壊れたHDDからなんとかしてデータ吸出しできるかどうかやってみる必要があります。
感触的にはデータ破損とかではなくハード的に故障している雰囲気なので見込みは薄いです。
まぁそのうち。
  1. 2016/10/02(日) 23:28:39|
  2. 無意味な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

shoes

靴を買いました。
最近やたら歩きにくいなーと思っていたら、
靴底の角度が大変なことになっていたので新しいのを買いました。

なんでこういう角度になるのかさっぱりわかりません。
僕自信の認識としてはまっすぐ歩いているつもりだったし、
世界もまっすぐ見えているつもりだったんですが、
実際はこの角度で歩いていたとなるとかなりショックです。

実は世の中では何もかもが左に傾けて作られていて
そのせいでまっすぐに見えていたんだよ、などという絵本すらありそうです。
物事の見え方は一通りではないのです、みたいな
分かりづらいメッセージが込められていそうです。
ムリヤリ教訓めいたメッセージに結びつけるのはよくないですよね。
脚の筋力バランスを是正して正しい角度で歩こう!
という絵本だったらわかりやすくていいと思います。
夢の中で魔法の国に迷い込んでしまった女の子が
ジムで脚の筋力バランスを是正する話っていうのは
実用性も高くて悪くないと思います。

厳しいトレーニングに打ち勝った彼女の前に、
強靭な脚を持つ闇の大魔王が現れて
「ははははは、俺の地獄のトレーニングについてこれるかな?」
みたいな絵本が読みたいです。
誰か描いてください。
  1. 2010/06/29(火) 03:22:15|
  2. 無意味な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

お知らせ

ここ数日、ホームページのほうがアクセスできません。
ブログは問題ありません。
理由はよくわかりません。

ブログは引き続き更新します。
カンボジアかかなきゃ!
  1. 2010/05/12(水) 00:07:21|
  2. 無意味な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ