アイスランドクローネ日記帳

音楽のこと、旅行のこと、ふと思ったこと、全く思っていないこと等を書きます。

リバーダンス20周年記念来日公演

1ヶ月以上前ですが、リバーダンスの来日公演に行ってきました。
そもそもの発端は去年の12月1日、仕事が終わったあとなぜか急にリバーダンスのことを思い出し、
後輩にいきなり「リバーダンスって知ってる?」という話を始めたところからでした。
いわゆる迷惑な先輩というやつです。
「川で踊るんですか?」などという直球な質問をかわしつつ、
「もう日本には来ないらしいけどもう1回観たいんだよね」と勝手に独り言を喋って会社を出たんですが、
帰りの電車の中でスマホをいじっていたらなんと「リバーダンス来日決定!」のニュースが。
まさに公式サイトがオープンしたその日でした。
背筋がぞっとしました。

というわけでその半年後の4月、リバーダンスを観てきました。

リバーダンスはやはりリバーダンスでした。
普通のアイリッシュダンスではなくて、普通のアイリッシュ音楽でもない、
リバーダンス特有のダンスや音楽が醸し出す空気の魅力はやはりすごいです。

アイリッシュダンサーに加えてフラメンコやロシアのバレエのダンサーたちがいて、
伝統的なアイリッシュ音楽にサックスや変拍子の要素が加えられていて、
ストーリーの説明もほぼなく、ダンス、歌、演奏が一見無秩序に続けられる、
というこの構成は普通はどう考えても中途半端になるはずです。
いろんな国のダンスを盛り込みたいし、いろんな音楽の要素を足してみたいし、
ダンスも歌も演奏も、となると中途半端になるしかないはずです。

しかし、全くならない。
むしろリバーダンスという1つのジャンルがあって、
ダンスも歌も演奏もそのジャンルの定番中のド定番であって
完全に完成しきった形がある、そんな奇跡的な構成になっていると思います。

今回のリバーダンスは前回の2008年に比べてずいぶん洗練された印象でした。
リバーダンスは昔から間違いなくかっこいいんですが、以前はかっこいい中にも
微妙なダサさというか芋っぽさがあって、それがアイルランドの田舎っぽいイメージに
合っているような、そうでもないような、何とも言えない味があったんですが、
今回はひたすらスタイリッシュなかっこいいリバーダンスでした。

曲のテンポも速くて以前にも増して息つく暇もないスピード感でした。
フィドルの人は前回と同じ人で、いかにもアイリッシュのフィドルっぽく楽しそうに弾くので今回もすごくよかったです。

演出や演目も結構いろいろ変わっていて新鮮な気持ちで楽しめました。
女性ダンサーの力強いタップダンスが追加されていてかっこよかったです。
"Home and the Heartland"がなかったのと、イリアンパイプの演奏が若干あっさりだったのが少し残念でした。

リバーダンスは素晴らしいです。
また新しい演出をたくさん盛り込んで来日してほしいです。
  1. 2015/05/30(土) 01:41:32|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フラメンコ!

el_flamenco

フラメンコを観てきました。
フラメンコって踊りメインだと思ってたけど、意外と歌のウェイトも大きいことを知りました。
とにかくものすごい熱さでした。
スペインやべーなと思いました。
僕の中でスペインというとフラメンコと闘牛とサグラダファミリアと
トマト投げ祭りとサンフェルミン祭りとサルバドールダリなんですが、
とりあえずスペインやべーなと思いました。
気迫で溢れています。

アイリッシュダンスとフラメンコとロシアのバレエが全部一緒くたになっているのに
統一感があってまとまっているリバーダンスの凄さも改めて思い知りました。
リバーダンス観たい。
  1. 2011/10/30(日) 00:59:09|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜トリエンナーレ2011

yokohama_2011

横浜トリエンナーレに行ってきました!
といってもメイン会場の1つの横浜美術館しか行ってないけど。
前回のトリエンナーレに比べると分かりやすくて見た目が綺麗なのも多くて楽しかったです。
横浜美術館は解放感があって好きです。

トリエンナーレという言葉はイタリア語で「3年に1度」という意味だそうです。
横浜トリエンナーレの場合、2001年に第1回が開催されたあと、
いきなり2005年になるあたりがちょっとよくわかんなくて好きです。
そしてその後は実際3年ごとに開催しているらしく、
公式サイトによると今年は10周年だそうです。
トリエンナーレなのに10周年っていうムチャっぷりが好きです。
3x = 10 を自然数xでムリヤリ解かせにかかってる感がたまりません。

と、ここまで書いて気づいたのですが、
「3年に1度」というのは「3年ごと」より条件が緩いとかそういうことなんでしょうか。
2001~2003シーズンに1回、2004~2006シーズンに1回、2007~2009シーズンに1回やればいいよ、
みたいな意味なんでしょうか。
イタリア語に詳しい人教えてください。
  1. 2011/08/30(火) 21:31:17|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レ・ミゼラブル

les_miserables

レ・ミゼラブルを観てきました。
予想していた以上に温度の高いミュージカルでした。火傷寸前です。

演出をリニューアルするため古いバージョンは今回で見納めだそうです。
中3のころからいつか観に行こうと思い続けていたので
駅でポスターを見つけてこれは行くしかないと思い、
数日後にチケットを購入してそのまま2ヶ月間くらいサントラを
聴き続けるという気合の入れようで帝国劇場に突撃してきました。

レミゼ熱かったです。
夏を先取りしてしまいました。
2階席まで舞台上の熱気がバンバン伝わってきました。
ストーリーも歌詞も恥ずかしいくらいに直球なのに、
意外とすんなり入ってくるのはミュージカルのなせる業なのでしょうか。
これを機にこのブログももっと直球にしてみようかなと思います。
いろんなことを直球で書いてしまいたいです。
ストレートボールで書いてしまいたいです。
ボールで書くのは難しいのでやっぱりキーボードで書きたいです。
何を直球で書こうか考えていたら眠くなったので寝ます。
  1. 2011/05/09(月) 01:20:02|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇宙よっと

お久しぶりです。
久しぶりすぎて何について書けばいいのか分からないので、
小豆島・直島旅行以降のことを列挙してみます。

映画「2001年宇宙の旅」@六本木
"これも自分と認めざるを得ない"展@六本木
ミュージカル「アイーダ」@汐留
東京湾大華火祭@品川
ブリューゲル版画展@渋谷
"PHOTO IS"10,000人の写真展@六本木
オーケストラ夢十夜@横浜
まどみちおえてん@武蔵小杉
ローホイッスル到着@自宅
映画「インセプション」@渋谷
ドガ展@横浜
ネイチャー・センス展@六本木
「ポイケド・ジャナイ」展@代官山
ディズニーシー@舞浜
ミュージカル「キャッツ」@横浜
コーキョ会(皇居ラン)@皇居
空と宇宙展@上野
結婚式披露宴&二次会出席@三島


すげー暇そうですね。
ほんとに仕事してるのか心配になりますね。
してます。
一応してます。
一応じゃなくてほんとにしてます。

上記の他にも、我が家のテレビがとうとうブラウン管を卒業、とか、
我が家のメンボウが底を尽きる、とか、激しくどうでもいいニュースが目白押しなんですが、
時間の関係で割愛します。

ところでこないだ空と宇宙展に行って、中学くらいのころに読んだ
アーサー・C・クラークの「太陽からの風」という短編を思い出しました。
太陽光の光子がヨットの帆にぶつかって進むよ、というヨットが登場するんですが、
それはさすがにムリだろーと思ってたらJAXAのイカロスで今まさに実現されてるんですね。
全然知りませんでした。
すごいですね。
イオンエンジンといいソーラーセイルといい、宇宙空間半端ないですよね。
僕らの人生ももう少し空気抵抗が少ないといいなと思いました。
最近ツイッターやってるせいで文章が単発的で困ります。
長編を書きたいですね。
とりあえず今日はこの辺で。


小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」
  1. 2010/11/30(火) 05:16:41|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ