アイスランドクローネ日記帳

音楽のこと、旅行のこと、ふと思ったこと、全く思っていないこと等を書きます。

辞書に聞いてみよう第19回「ね」「の」

長いこと待っていなかった人も待っていなかった人もこんにちは。
2年半ぶりに辞書シリーズやります。まだまだ続けます。
辞書の中の連続した2単語を並べて新しい言葉を創る試みです。
今日は「ね」と「の」の日です。


88. 「ねぎまねぎらう」
つくねも砂肝もレバーもみんな本当によくやったな。
今後もその調子で頑張ってくれたまえ。
たまにはネギも挟むといいだろう。


89. 「寝込みネコミミ」
ネコの耳が寝込んでいる様子。
ネコ自身は至って元気であり、ネコの耳だけが寝込んでいるようである。
近年、動物の耳が本体から独立しつつあることが生態系の懸念事項となっているが、
アユの耳が我が道を歩みアユミミし、
加古さんの耳は鍋を囲みカコミミし、
紀子さんの耳は敵地に乗込みノリコミミし、
田倉さんの耳は悪事を企みタクラミミし、
マリメッコの耳当ては相手を丸め込みマルメコミミしており、
もはや取り返しがつかない事態となっている。
もちろんこの説明も取り返しがつかない事態となっている。


90. 「ねちねち熱」
おい100℃、お前さぁ、だいたいさぁ、お前みたいにお湯が沸騰するとかいって目立つやつがいるからさぁ、
俺みたいなやつが全然脚光を浴びないっていうかさ、いや、不満とかじゃなくて、マジで。
実際さ、俺は俺なりに31℃としての責務を果たしているわけで、
毎日あの30℃と32℃の間に入って2人を取り持ってやったりしてるわけよ?
俺らも温度だしお互いやっぱ合う合わないあるしさ、俺みたいなのがいるから温度もうまくいってるっていうかさ、
お前はそういうの分かってるのかなぁほんとに。え?分かってる?
いやそうは言うけどやっぱお前はさぁ、え?ぬるい?ぬるくねえよふざけんな!



91. 「野ぐそノクターン」
文句は辞書に言ってください。


92. 「延びるノブ」
ほらノブくん、ちゃんとかかとを地面に付けないと駄目って言ったでしょ。


93. 「述べるノベル」
何かを述べるノベルのこと。
述べないノベルはノベルではないので述べるノベルとはすなわちノベルのこと。
近年は本文が2文字しかない超短編のノベルが一大ジャンルを築いており、
特に本文で「らい」と述べるライトノベルは書店でも数多く陳列されている。
もちろん「らい」と述べないライトノベナイも引き続き好評発売中である。



久しぶりすぎておかしなことになりました。
ところで僕が使っている辞書は1982年の古い辞書なので
「ネコミミ」が載っていることに一瞬びっくりしたんですが、よく読むと、

「猫耳」:耳あかが、やわらかで、少しにおう状態。

でした。日本語は変わっていくのですね。
  1. 2016/09/24(土) 01:14:59|
  2. 辞書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辞書に聞いてみよう第18回「に」「ぬ」

この勢いで辞書シリーズもやります。
辞書の中の連続した2単語を並べて新しい言葉を創る試みです。
今日は「に」と「ぬ」の日です。

84.「虹二次会」
レインボーセカンドパーティーの和訳。レインボーセカンドパーティーがなんであるかはよく分かっていない。
要するによく分かっていない。いきなり雑である。


85.「ニューイングランド乳飲料」
アメリカのニューイングランド地方発祥の乳飲料のこと。
ちなみにWikipediaによると牛乳をベースとしたクラムチャウダーはニューイングランド発祥と言われており、
まさにニューイングランド乳飲料である。
問題はクラムチャウダーが飲料、すなわち飲み物なのかという部分であるが、
クラムチャウダーは「チャウダーの一種」、
チャウダーは「スープの一種」、
スープは「肉、野菜などを煮込んだ水分の多い料理」、
料理は「食品や食材、調味料などを組み合わせて加工を行うこと、およびそれを行ったものの総称」
である。
したがって、クラムチャウダーは食べ物でも飲み物でもなく「それを行ったものの総称」である。
冬の寒い日に温かいそれを行ったものの総称を飲むのは至福のひとときである。


86.「乳児ニュージーランド」
乳児にとってのニュージーランドのこと。
しかし乳児にとって国の識別は困難であるため、
乳児日本や乳児コートジボワールと本質的に同じ意味である。
さらに乳児不確定性原理や乳児ビッグバン、乳児ブラック企業とも完全にイコールであり、
無限の可能性を秘めた乳児の世界を鮮やかに描き出す言葉として知られている。
乳児にとって「ビッグバン=ブラック企業」だという事実は世界中の研究者に多大な衝撃を与えた。
この宇宙は最初からブラック企業だったのだと安易に結論付けるマスメディアの影響もあり、
世界中で大きな論争に発展した。


87.「脱げる主」
着脱可能な主(ぬし)のこと。
通常、人や馬や木がこの脱げる主を用いることが多い。
冬の寒い日に脱げる主を持って出かけると、外で好きな時に着用することができる。
人や馬や木は脱げる主を着用することでそれぞれ「住」「駐」「柱」となり、寒さをしのぐことができる。
ちなみに乳児脱げる主は乳児脱げない主と同じ意味である。
さすが乳児である。
  1. 2014/01/10(金) 00:15:56|
  2. 辞書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辞書に聞いてみよう第17回「と」「な」

辞書シリーズをやります。
辞書の中の連続した2単語を並べて新しい言葉を創る試みです。
今日は「と」と「な」の日です。
更新が長いこと滞りましたが平然と再開します。



80.「どうも獰猛」
獰猛な人に対する挨拶のひとつ。
別れるときは「さらば獰猛」を用いる。
使うと怒るので獰猛な人に使ってはいけない。



81.「溶け込む土下座」
地面に溶け込むほどの土下座のこと。
本当に申し訳なく思うときに行われる。
その視覚的な迫力で相手の反論を抑え込む力技。



82.「怒鳴るとなるととにかく土日」
「怒鳴る」+「となると」+「とにかく」+「土日」の四連コンボ。
平日は比較的穏やか。


83.「な変ナポリタン」
な行変格活用のナポリタンのこと。
命令形「ナポリタね」を言われたら
即座にスパゲティーをナポリタななければならない。
ペペロンチーにっている時もカルボナーりっている時も
即座にナポリタななければならない。
影響力が大きすぎる言葉として議論を呼んでいる。
  1. 2013/07/13(土) 23:57:19|
  2. 辞書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

辞書に聞いてみよう第16回「つ」「て」


辞書の中の連続した2単語を並べて新しい言葉を創る試みです。
今日は「つ」と「て」の日です。

76.「つくづくツクツクボウシ」
8分の11拍子をカウントする際に
広く用いられる掛け声。
8分の5⇒8分の7⇒8分の11の変拍子の曲の場合は
ツクボウシ ツクツクボウシ つくづくツクツクボウシ
と歌うとだいたいそれらしくなると言われている。
裏拍がKなのでダブルタンギングの練習にも抜群の効果を発揮する。


77.「ツナ繋がり」
4分の3拍子をカウントする際に
広く用いられる掛け声。
3拍目の「ガリ」にアクセントを置くと
やたらと迫力が出る。


78.「デスクですけど」
A「なぁ、机って英語でなんて言うんだっけ?」
B「はぁ?デスクですけど!!!!」
A「キレんなよ…」


79.「デルタてるてるぼうず」
なんとしても目の前にあるこの関数を今すぐ
てるてるぼうずで微分しなければ気が済まないあなたが
まず評価しなければならないもの。
デルタてるてるぼうずを限りなくゼロに近づけると、中身がはみ出る。
  1. 2012/02/03(金) 23:48:40|
  2. 辞書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辞書に聞いてみよう第15回「ち」

辞書の中の連続した2単語を並べて新しい言葉を創る試みです。
今日は「ち」の日です。
いつもに増してひどいです。

73.「ちまちま血祭り」
1人で部屋の隅でちまちまと血祭りを行うこと。


74.「チューナー中納言」
チューナー界の中納言と言われる特殊なチューナーのこと。
目盛りはついていないが、音を出すと「5Hzこそ低けれ。」などと
喋って音程を教えてくれる。
音程が合うと「いとをかし」と言ってくれる。
姉妹品のチューナー現代っ子は、
音程があうと「マジウケる」と言ってくれる。
音程がずれていても「マジウケる」と言ってくれる。


75.「チューニング中年」
合奏の前に年齢を合わせること。
まず最初に中年のオーボエ奏者がAの音を出し、他の奏者はオーボエに年齢を合わせる。
しかしチューニング中年を行っても合奏中に年齢がずれてきてしまう場合も多い。
特にルロイ・アンダーソンやジブリメドレーなどは年齢が下がりやすいため注意が必要である。

  1. 2011/10/30(日) 00:30:48|
  2. 辞書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ