クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋田の写真たち

kakunodate hanabi
角館の武家屋敷通り           花火大会(昼の部)

tazawako1 tazawako2
田沢湖                    これも田沢湖


花火大会に昼の部があるというのは知りませんでした。
煙が色とりどりで楽しかったです。
夜の部は写真じゃスケールが伝わらないので撮りませんでした。

田沢湖は日本一深い湖だそうです。凄いですね。
この写真からは全くその凄さが伝わってきませんが、
とにかく深いみたいです。水が綺麗でした。

ところで、山の高さというのは山のふもとからではなく、
海面からの高さとして定義されていると思うんですが、
一方で湖の深さは海面からではなく、湖面からの深さとして
定義されていると思うんですよね。
調べるのが面倒なので「思う」連発です。思いまくりです。

とにかく、それって不公平なんじゃないかと言いたいわけです。
基準は揃えなくていいのかと問いたいわけです。

例えば自分の身長は足元から測って169センチですが、
となりのやまだくんの身長は海抜200メートルです、というのはずるいですよね。
かと思えば逆隣りのたなかくんはマユゲから測って身長10センチです、とかなったりしたら
もうたなかくんにかける言葉が見つかりません。
身長をマユゲから測られたら間違いなくトラウマになると思います。
身長海抜200メートルのやまだくんが身長マユゲ抜10センチのたなかくんを
見上げながら話すという地獄絵図の出来上がりです。

なので、山と湖も基準を統一して正々堂々と戦ってほしいのです。
しかし残念ながらここから先は、

「基準を揃えようにもそもそも”山のふもと”という概念はとてもいい加減なので
 ”海抜”を使わざるを得ないけれども、そうすると高いところにある湖は深さが
 マイナスになってしまうという問題があり、これを如何にして克服するか」

という、びっくりするくらいどうでもよくて失神しそうな話が始まるので
ブログに書くにはちょっと今は勇気が足りません。
勇気のある人はぜひこの続きを飲み会の場で議論してください。
場の空気が突然ものすごいことになったとしても僕は責任は取りません。
富士山と田沢湖どっちがすごいのかぜひ決着をつけてください。

金曜日の夜に開放的な気分で秋田旅行記を書くとどうなるかがよくわかりました。
旅行記とは何か、を改めて考え直したい気持ちです。
いつかまた秋田行きたいです。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/29(土) 03:19:43|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大曲花火大会に行こう!

omagari

そういうわけで秋田に来ました。
お昼まで角館をブラブラし、夕方から大曲にやってきました。
おおまがりです。たいきょくではありません。

写真は花火大会の会場の様子です。
見てのとおり物凄いことになっています。
そもそも花火が第一目的ではなかった我々は
ビニールシートすら持っていないという驚愕のノープランっぷりを発揮し
これはいよいよやばいと思ったところで端っこが意外と空いていることに気づき、
意外にもゆったりとくつろぎながら花火を満喫できてしまいました。

花火は本当にきれいでした。
またいつか来たいです。

夜は、宿がなかったのでとりあえず秋田駅へ向かってみたものの、
行列でなかなか電車にも乗れず、秋田駅到着が23時半。
駅前のネットカフェは当然のように満員で早くも八方塞がりに。

ですが奇跡的に少し遠くのネットカフェに空きを見つけ、
今そこからこうしてブログの更新なんかをやっているわけです。
10人でネットカフェに泊まるというなかなか想像しがたい展開になっています。
向こうにはブース越しでこっそりドラクエ9大会を開催している痛い子たちがいます。

明日は秋田っ子が一人増えて11人で温泉と田沢湖に行く予定です。
修学旅行かよって空気になりつつあります。
そのうちブース越しにまくら投げが始まらないか心配です。
  1. 2009/08/23(日) 02:49:02|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いざ秋田!

友人に会うため秋田に行ってきます。
なんだか有名な花火大会にぶつかったらしく、
宿もとれないし新幹線も早朝しか残ってないという
大変なことになっています。

現在5時前です。
朝が早い旅行のたびに思いますが、
この時間帯の街の静けさは本当に素晴らしいですよね。
毎日満員電車に乗るのがバカらしくなります。
来週からは4時に起きて出勤したいです。
したいですがしないと思います。
大人の事情ってやつです。
大人が「眠くてムリ!」といえばそれは大人の事情です。
子供が「諸条件に鑑みて総合的かつ統括的に最善の判断を下しました」といっても
それは子供の言い分です。
世の中は不条理です。
早くも新宿です。
  1. 2009/08/22(土) 05:09:11|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

箱根カフェ

20090816174406
家族で箱根に行ってきました。
今は箱根湯本の駅の中のカフェにいます。
箱根カフェというあまりに安易すぎる名前のカフェにいます。

写真は金時山の山頂からみた富士山です。
あまりに安易すぎる写真です。
  1. 2009/08/16(日) 17:44:09|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ティンホイッスル3兄弟

whistle2

こないだティンホイッスル3本目を買いました。
買っちまいました。

左から買った順に長男クラーク君、次男ウォルトン君、三男バーク君です。
縦笛3兄弟です。
名前はいずれもメーカー名です。

長男はなかなか味のあるいい音を出してくれるんですが、
マウスピース一体型なのでチューニング不可能という困ったちゃんです。
協調性とかそういうことは考えたことがないようです。
マイ音程を突き進んでいます。

次男は長男と同様1000円くらいのお手軽価格な子で、
マウスピースも動かせる偉い子なんですが、個体差のせいか
とにかくやたらと吹きにくい反抗期真っ盛りな不良少年です。
息を強く吹きこむと逆ギレして変な音を出します。

そういうわけで三男はもう少しちゃんとしたしっかりものにしました。
音も深みがあるし、音程も比較的とりやすい偉い子です。
専用のケースまでついているすごい子なんです。

三男のこの優秀さに対して自分はと言えば
縦笛3兄弟などというおよそ信じ難いネタを堂々と振りかざして
ブログでキャラクター紹介が始まってしまうあたり、
本当にこの新しい笛に対して申し訳なくなってきます。
三男は完全に親を間違えたようです。

というわけで最近はこの育ちのいいよそのお子さんに対して
自分の立場も顧みず多摩川の土手で理不尽な要求を繰り返しています。
いつ三男が反旗を翻して下剋上を試みるか、楽しみでなりません。

最後にYouTubeおいときます。
イニシア( Inisheer )という曲です。
いい曲です。

  1. 2009/08/14(金) 02:54:44|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

午後の乗馬

uma

うま乗ってきました!
3人でうま乗ってきました!
乗馬クラブの体験コースに参加してきました!

うますげえです。
うまでかいです。
うまかたいです。

最初歩き始めたときはびっくりしましたが、
意外と安定してるので優雅な気持ちになれます。
うますげえです。
前々から実はうまはすげえヤツなんじゃないかと思ってましたが、
その予感が見事に的中しました。
たまにウンコもします。
うますげえです。

今度はチョコボに乗りたいです。
チョコボもすげえと思います。
チョコボは間違いなくすげえと思います。

うまさんはすげえです。
でもチョコボさんはもっとすげえです。
電話口で引越センターに説明したいです。
キリンさんやゾウさんなんて眼中にありません。
うますげえです。
  1. 2009/08/09(日) 03:04:52|
  2. イベント
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ティンホイッスルふたたび

whistle

最近またティンホイッスルを吹いています。
調子に乗って渋谷のヤマハで2本目を買ってしまいました。
でも1本目(黒いやつ)の方がいい音が出る気がします。

ティンホイッスル教室も各地でやっているようなので
こないだの日曜日にさっそく突撃してきました。
基本的な音階から装飾の付け方までいろいろ
教えてくれたのでとても勉強になりました。

とりあえず、脱「しょぼいリコーダー」を目標に頑張ってたんですが、
努力の甲斐があって最近は「しょぼい笛的な何か」になってきました。
いかにも笛っぽいような気のする何らかのものを毎日愉快に吹いています。
はやくティンホイッスルを吹きたいです。

ところで写真がこないだのドラクエ鉛筆に似ていますが間違えないでください。
ティンホイッスルはどんなに転がしても会心の一撃は出ません。
まぁでも僕が吹いているのは現時点ではまだ「笛的な何か」なので
意外と転がしてるうちに間違えて会心の一撃が出るかもしれません。
そもそも笛を転がすという発想が斬新すぎて普通は思いつかないと思いますが、
だいたいそういう普段やらないところに限ってバグがあったりするので
ちゃんとやっておかないとあとでバグだらけで困ったりすると思います。
気をつけましょう。

というわけで最近は「笛的でドラクエ鉛筆的でバグだらけな何か」を
楽しく平和に吹いています。
もはや完全に正体不明ですね。
軽くホラーです。
  1. 2009/08/04(火) 01:30:56|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。