クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

キャッツ!

cats

家族で横浜でキャッツ観てきました!

キャッツおもしろかったです。
ミュージカルの魅力が詰まった作品です。
リピーターが多いのもうなずけます。
その日の客席もなんとなくリピーターが多そうな雰囲気でした。
いいシーンはたくさんありますが、特に夜行列車の歌が楽しくて好きです。

ちなみにキャッツの原作は詩集だそうです。(参考URL)
あまりにミュージカルらしいミュージカルなので、
原作なんてないのかと思ってました。

話は変わりますが、オペラ座の怪人の続編「Love Never Dies」を
来年ロンドンで上演するそうです。(参考URL)

これは気になりますね。
ミュージカルって続編作ったりするんですね。
キャッツ2もいつ出来るのか楽しみです。
ただ単にやたらめったらネコを増やせばあっという間に
続編が出来上がりなので、けっこう簡単な気がします。
ただ、今でさえネコが多くて1回観ただけでは誰が誰だか全然わからなかったので、
キャッツ2になるともう完全にカオスの世界になりそうです。

ちなみにアンパンマンはキャラを増やしまくった結果、
1768体にのぼり、ギネス認定されたそうです。(参考URL
ネコが1768匹出てくるミュージカルはもはやミュージカルというより
バッファローの大群みたいな勢いになってますが、
キャッツシアターのそばにアンパンマンミュージアムがある以上、
アンパンマンはなかなか無視できない存在なのではないかと思います。

内容が全くないのに情報量だけはやたらと多い妙な日記になりました。
とにかくこれであと1年くらいは情報ゼロの日記を書き続けても大丈夫そうです。
どういうノルマなのか我ながら謎です。
  1. 2009/12/31(木) 02:19:01|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

大事な話

今日は逆上がりをしました。
まだできてよかった。
本当によかった。
  1. 2009/12/24(木) 00:18:08|
  2. 無意味な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オオフジツボ

ohfujitsubo


今日はオオフジツボのライブを聴いてきました。
オオフジツボはアイルランド音楽やオリジナル曲を演奏するバンドです。
実は聴きに行くのは2回目なんですが、今回とうとうCDも買ってしまいました。
ただいま3周目です。

まあほんとの意味で3周目だったらまだ1曲目の冒頭だと思うので、
実際にはCDは3周以上してるんですが、
なんでこんなにバカバカしいことを書いているのかわかりません。

ところで話変わりますが、
「いつ?どこで?何時何分何秒?地球が何周回ったとき?」
っていう訊き方って全国の小学生共通だと思ってたんですが、
意外と違うみたいですね。周囲でやたらと流行った覚えがあります。

このセリフの意味も一度書いたんですが、
小学生の口癖をいい大人がブログ上で必死に解説するのは
あまりにもあんまりだったんで消しました。
要するに日時と場所を問うているわけです。
  1. 2009/12/21(月) 01:48:07|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

のだめカンタービレ 最終楽章 前編

土曜日に友人に誘われてのだめを観てきました!
のだめですよのだめ!!

ドラマもアニメも観たことないので、僕ののだめの知識は
漫画喫茶に泊まったときに読んだ漫画の1巻だけでした。

なので今回の映画は驚きの連続でした。
まず、舞台が日本じゃないことに驚きました。
パリから始まるなんて全く聞いてないです。
そんくらい予習しとけって話ですよね。

そして実写なのにノリがマンガなのでさらに驚きました。
たぶんこういうことに今さら驚いていたのは
あの映画館の中で僕だけだったと思います。

そして何より一番驚いたのは、この映画が「前編」であって、
なんと今回で完結しない!ということです。
これはもう本当に驚きました。
映画が始まる前にそれを知ってびっくりして、
途中からすっかり忘れてたので終わるときに改めてびっくりしました。
ものすごい破壊力です。

まあでも、音楽モノらしいベタなストーリーも味があって結構楽しめる映画でした。
序盤はマンガのノリについていけなくてどうしようかと思いましたが。

ところでさっき知ったんですが、人間失格も映画化するらしいですね。
さらに「かいじゅうたちのいるところ」も映画化するらしいですね。
なんだか最近やりたい放題ですよね。
とりあえずかいじゅうたちは観に行くと思います。
いい絵本ですよね。
  1. 2009/12/21(月) 01:20:02|
  2. 映画
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

トマト鍋ピザ鍋

tomato

友人宅でトマト鍋をやりました。
トマト鍋スープにさらにトマト本体を投下し、飲み物はもちろんトマトジュースという徹底ぶり。
「お茶が飲みたい」などという弱気な発言を黙殺して完全なるトマトワールドを繰り広げてきました。
トマトの赤さと鍋の黒さが見事に融合してものすごい色になっています。
見た目とは裏腹に、普通においしかったです。

そして後半はトマト鍋にチーズとピーマン、サラミ、タコさんウインナーを加えてピザ鍋です。

pizza

見た目からしてこのピザっぷり、すごいですよね。
ピザ鍋は、食べるたびにピザになったり鍋になったりするすごい鍋です。
ピザらしき部分を食べればピザに、トマトらしき部分を食べればトマト鍋になります。
そして、ピザらしき部分とトマトらしき部分を同時に食べると、
とにかくなんだかわかんねえけどすごいもの、になります。

とかって書くといかにもまずそうに聞こえると思いますが、
トマト鍋もピザ鍋もうまいです。それがすごいです。

「トマト鍋の会」から「ピザ鍋の会」になったあと、
どういう経緯で「ぷっちょを空高く飛ばす会」になったのか
よく覚えてないんですが、ぷっちょもうまいですよね。
  1. 2009/12/13(日) 23:45:06|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さがしもの

さっき偶然2222円の買い物をしたのに、
レシートをさっそく紛失しました。
見つけた人は連絡ください。
  1. 2009/12/13(日) 01:17:44|
  2. 無意味な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

チェスキークルムロフとどぼじゃーく(チェコ4日目)

lake


4日目は、オプショナルツアーに申し込んだのでプラハから日帰り旅行です。
プラハは雨が降っていたのに移動している間に見事に晴れました。

そして二時間半かけて辿り着くは世界遺産の町チェスキー・クルムロフ!

krumlov2 krumlov1
krumlov4 krumlov3

見てのとおり、小ぢんまりとしたきれいな町です。
特に左下の写真に注目してほしいんですが、
この建物をどこかで見たことのある人もいるはずです。
実はこれはドボ7をやった時のチラシに使ったお城です。
誰も覚えてないだろうなー。

さてそんなわけで昼間はクルムロフを満喫し、夜にはプラハに戻りました。
そしてそのまま芸術家の家「ドヴォルザークホール」へ直行。
今夜はチェコフィルの演奏会です!
日帰り旅行が間に合うか不安だったので
チケットは当日券狙いで行くことにしました。

dvorak

ずいぶん物々しい芸術家の家のチケットブースへ突撃です。
するとなんと当日券はほぼ売り切れ!
結局3人中2人が立ち見という展開に。

そして実はこの日はチェコの民主化からちょうど20年の記念日なので、演奏会もそういう趣旨のようでした。
メインはドヴォルザークの知らない曲でしたが、合唱もついていて盛りだくさんな内容でした。
チェコフィルは金管がうますぎます。
ホールもオケも合唱隊もお客さんもみんなかっこよかったです。

しかし、そんな素晴らしい演奏会においてただ1人、問題児がいました。
司会です。
司会は曲が始まる前に毎回解説をしてくれました。
が、全部チェコ語なんですよね。
当たり前ですけど。
まさに問題児です。
ほんとに勘弁してほしいです。
あんなにチェコ語を連発する問題児はいまどき幼稚園にすらいません。
まぁチェコの幼稚園にはいると思いますが、そういう問題ではないはずです。
じゃあどういう問題なのか正直よくわかりませんが、
ただ1つだけ確かなことがあります。

チェコ語がさっぱりわからない。

これに尽きます。

なんとチェコ語がさっぱりわからないのです…。

当たり前すぎます…。

チェコ語はなんと、ほんとに全然わかんないのです。

もう悲しくなるくらいに当たり前です。

まさに悲劇でした。
次回から日本語でお願いします。
結局、唯一聴きとれた言葉は「どぼじゃーく」でした。

どぼじゃーく、どぼじゃーく!

どぼじゃーく!!!!!
  1. 2009/12/09(水) 00:30:36|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

いざプラハ城!(チェコ3日目)

praha2 castle2
castle3 castle1

3日目はいよいよプラハ城に行きました!
街をひととおり見てから宿屋に泊まって次の日に
城に突撃するっていう流れがRPGっぽくていいですよね。
そうなると当然城にはボスがいてしかるべきですが、
なんとプラハ城には日本人のおばちゃんという強敵が待ち構えていました。
おばちゃんはチェコは3度目らしく、その時点で僕らに勝ち目はないわけですが、
今までのチェコ旅行の壮大なストーリーを道ばたで次から次へと繰り出してくるので、
あわや全滅しそうになりました。
おもしろかったです。おばちゃんありがとう。

午後はストラホフ修道院とペトシーン公園に行ってケーブルカーでプラハの市街地に降りました。
そしてこの日は地下鉄バス路面電車に一日乗り放題という素晴らしいきっぷを買いました。
もうこうなるとやりたい放題です。
調子に乗って水を買いに行くのにも路面電車を使う勢いです。
そして買った水が炭酸入りだったくらいの勢いです。
あの炭酸入りの水っていうのは本当に謎ですよね。
何が楽しくて水に炭酸を入れるのか全くわかりません。
まぁでもそんなこと言ったら僕らだって、何が楽しくて
水に炭酸を入れないのか、それもそれでわからないですよね。

要するにこの「何が楽しくて」っていう枕詞はずるいんですよね。
たぶん彼らは、水に炭酸を入れることが楽しくて、水に炭酸を入れるのだと思います。
そして僕らは、水に炭酸を入れないのが楽しくて、水に炭酸を入れないのだと思います。
世の中は意外とシンプルです。
  1. 2009/12/05(土) 01:36:40|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

医学と芸術展

日曜日に森美術館の「医学と芸術展」に行ってきました。
人体、生命、医療あたりをテーマに、博物館的なものから思想的なものまでいろいろありました。
DNAの二重螺旋構造が発見されたときのスケッチなんかもあって楽しかったです。
これです。

ただあくまで医学と「芸術」展なので、メッセージ性の強いものもたくさんありました。
クローンとかの生命倫理にかかわってくるものも少なくないので受け止め方も難しいです。
生命の問題はある意味全員が当事者なのでなかなか冷静に考えられなくて、
どうしてもイメージ先行の議論になるから危ないですよね。

ちょっと関係ないですが、遺伝子組み換え食品とかもあんまり
問題点が正確に認識されないままやたらと叩かれてイメージが悪化してる気がします。
地球の人口が増えていて、食料の安定供給という観点からも遺伝子組み換えを考えることは重要なのに、
イメージ先行でなんとなく悪いものにしてしまうのはよくないと思います。
「この納豆は遺伝子組み換えをしていません」
というメッセージが一体何を訴えたいのかはっきりしなくていつもイライラします。
ですが、納豆ごはんがうまいのですぐに忘れます。
納豆ごはんマジうまいですよね。

このブログも今日からメッセージ性を強くしようと思います。
納豆ごはんはマジうまいです。
もう一度いいます。納豆ごはんはマジうまいです。
  1. 2009/12/03(木) 23:11:03|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ザ・アイリッシュダンス ~ラグース~

ragus

11月23日に国際フォーラムでラグースの公演を観てきました。
久々のアイリッシュダンスです。

他の国の要素も取り入れて盛りだくさんな感じのリバーダンスとは違って、
ラグースはアイルランドの曲とダンス一筋です。
結構知ってる曲とかもあって楽しかったです。
やっぱりアイリッシュダンスはかっこいいです。最高です。
リバーダンスもまた観たくなりました。
でももうリバーダンスは来日しないというので悲しいです。
ああ悲しい。
  1. 2009/12/03(木) 22:29:30|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0