クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

辞書に聞いてみよう第11回「さ」「し」

皆さん辞書シリーズ覚えてますか?
途中でかなりぐだぐだになって放棄していたのですが、
2年ぶりに思い出したので続きをやってみます。

辞書の中の連続した2単語を並べて新しい言葉を創る試みです。
今日は「さ」と「し」の日です。
全国のサトシさん、お待たせいたしました。


50.「錯乱さくらんぼ」
発狂りんご、混乱メロンと合わせて
「大変なフルーツ3兄弟」を構成している。
大変である。


51.「悟るサドル」
自分はハンドルでもペダルでもなくサドルなのだと悟るサドルのこと。
悟ったサドルではなく悟るサドルなので、これから悟る予定のサドルを指す。
どのサドルがいつ悟るかの見極めは非常に難しく
日本サドル協会理事長の頭を悩ませ続けている。
理事長はエルサルバドルサドル協会副理事長も兼任している。



52.「三親等ざんす」
三親等であることをやや不思議なテンションで宣言する言葉。
史上最も返事をしにくいセリフとして有名。
世界中の研究者が最適解を求めて検討を重ねた結果、
2010年度の学会で次のような画期的な返答方法が考案された。
「なるほど。」




53.「軸足時空」
「シュートを打つその瞬間に軸足が時空を越えて冒険の旅にスペクタクル!!」
という感じでキャプテン翼に出てきそうなシュートのこと。
ボールも時空を超えてしまうためオウンゴールの危険性が高い。



54.「四捨五入シシャモ」
四捨五入ブラザーズの片割れ。
シシャモ単体では四捨しかできないため、
五入が得意なゴニュモと力を合わせて四捨五入する。
しかしゴニュモが誤って4.99を五入してしまう事件が過去に発生し、
それ以来シシャモは反撃の日を夢見て5.00を四捨する隙を伺っている。
場合によっては9.99すら四捨してしまおうという残虐非道な計画すら立てているらしい。



以上。
果たして「す」の日もちゃんと来るんでしょうか。
  1. 2010/08/22(日) 05:13:10|
  2. 辞書シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

瀬戸内国際芸術祭2010をかすりつつ小豆島直島に行こう!

setouchi_sea setouchi_flag

小豆島に行こうとしたらちょうど瀬戸内国際芸術祭2010の期間中だったので、
普通の観光と芸術祭めぐりのどっちにも軸足が定まらない
中途半端なスタンスで小豆島と直島に上陸してきました。

小豆島ではまずオリーブ公園へ向かおうとしたものの、
いきなりバスを乗り間違えてわけのわからないところで降ろされ、
途方に暮れていたら目の前に芸術祭の作品があったのでとりあえず入って昼寝しました。
恐るべきいい加減さです。

setouchi_take1 setouchi_take2

普通の田舎なのにいきなりこういうものがあるからおもしろいです。
結局ちゃんとオリーブ公園にも辿りついて、夜は標高600mの貸別荘へ。
雲のせいで数メートル先も見えない楽しいところでした。

setouchi_villa

次の日は標高600mの地から一気に下ってきた大人6人が
子供用2台を含むレンタサイクルに意気揚々と乗り込み
恋人の聖地エンジェルロードを目指すという、
朝からなかなかインパクトのある展開になりました。

setouchi_road

そして昼過ぎに脱エンジェルし、いよいよ直島へ。

setouchi_yayoi

直島ではとても親切な民宿のおばちゃんが類い稀なるポテンシャルを
あますところなく見せつけてくれたおかげで予想以上にしっかり回れました。
地中美術館や芸術祭の情報は本当に助かりました。
ご飯も残さず食えと脅されたのでちゃんと食べました(Мちょが)。
おいしかったです。

直島は写真をあんまりちゃんと撮っていなかったのであとは省略。
最後に岡山駅で締めマックをして今回は終了。
楽しかった!!!
  1. 2010/08/13(金) 03:13:10|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いざ島!

放置っぷりがひどくてすみません。
今から小豆島と直島に行ってきます!
天気に負けずに行ってきます!
島の真髄を見極めてきます!
  1. 2010/08/09(月) 06:42:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3