クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

Tiny Leaves - A Good Land, An Excellent Land

CDさらっと紹介シリーズNo.16
Tiny Leaves - A Good Land, An Excellent Land

5ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
書こう書こうと思いつつもついつい後回しにしてしまいました。
最近買ったアルバムのことを書きます。

ここ最近タワレコに行っても何も買わずに帰ることが多かったんですが、
久しぶりにこれは買おうと思ったアルバムでした。
なんでなのかはよく分かりません。いつも以上に分かりません。

ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、コントラバス、ギター、といういかにもな編成で、
曲自体もとても聴きやすいので一瞬ヒーリング音楽っぽく聴こえるかもしれませんが違います。
夜なかなか寝付けないあなたに癒しのBGM集、みたいな感じで
フィンランドの森と湖がジャケットに使われているようなああいう系のアルバムとは根本的に違います。

ただ確かに似ている瞬間もあって、じゃあ一体どこが違うのかなと最近よく考えるんですが、
具体的な指摘をしようと思うと意外と難しいのです。
癒しを目的としていない、とか、作品に対する熱意、とかいろいろ言えると思うんですが、
要するにそれってどういうことなの?っていうのが分かりません。

ただ1つ言えるのは、予想外なのにすごく自然な和音や展開が多いということです。
一瞬違和感を覚えつつも、聴けば聴くほどそれが一番自然で、むしろそれ以外あり得ないような気がしてくる
あの感覚はたぶんどのジャンルでもあると思うんですが、病みつきになりますよね。
ピアノやヴァイオリンの奇麗な音色だけ聴くと安易な量産型BGMと勘違いしがちですが、
そういうおもしろさがあるので何周も繰り返し聴き続けてしまいます。

ところで、A Good Land, An Excellent Land というタイトルはどうなんでしょうか。
「いい土地、優れた土地」ってわけわかんないじゃないですか。
最初これは日本人が苦し紛れにつけたタイトルだと思ったんですが、
Tiny Leaves はなんとイギリス人だそうです。(本名は別)
ネイティブがこういうタイトルを付けてくれると僕としては妙な安心感があります。
簡単な単語でも使っていいんだ、的な。

僕も「This is a pen」みたいなアルバムでも作ろうと思います、と書きつつ
むしろ既にあるんじゃないかと思い至ったので、
Amazonで検索した結果をここに残しておきます。(音楽のアルバムのみ)

This is a pen A.N.T. (1999)
This is a pen! SABOTEN (2012)
This is a PEN. - EP - This is a PEN. (2014/3/19)

This is a penは各方面から定期的にリリースされている模様です。
あやうくドヤ顔でこの列に加わるところでした。



A Good Land, An Excellent LandA Good Land, An Excellent Land
(2014/07/24)
Tiny Leaves

商品詳細を見る
  1. 2014/10/08(水) 23:36:27|
  2. アルバム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2