クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

第3回サンスポ古河はなももマラソン

古河はなももマラソンを走ってきました!

今回なぜか腕時計を紛失してしまい、家中を探しても見つからず、まさかのアナログ時計で突撃しました。
秒針が0になったところで止めて分針を10時に合わせておき、スタートラインをまたぐ瞬間に時計スタート。
1kmごとの距離表示のたびに脳内でペースを計算しました。
最初の数キロこそ分針と秒針を見ていたものの、
さすがに体感ペースと1分以上ずれるはずはないので
途中から秒針だけ見て走るようにしたら意外と走りやすかったです。

今回は目標3時間15分か3時間10分で序盤の調子をみて決めようと思っていたんですが、
時計を見る時に4分半ペースだと計算しやすいので必然的に4分半ペース=3時間10分狙いに決定。

はなももマラソンは途中折り返しポイントが5回もあって、
そのたびにスピードが殺されるので嫌だなぁと思っていたんですが、
実際走ってみると対向車線のランナーが観察できて結構楽しかったです。
特にトップ集団の迫力はすごい。

フラットなコースをひたすら走っている間に30km地点に到達。
今回はかつてないペースで走っていたのでずっと嫌な予感がしていたんですが、
35km地点でその予感が的中し、右のふくらはぎが攣りそうになりました。

今まではこういう時はなんとか騙し騙し走っていたんですが、
今までの経験上どう騙してもあと7kmは持たないと思ったので、
意を決して一度立ち止まってストレッチしました。
まだ完全に攣ったわけではなかったので、短時間ストレッチするだけで
だいぶ足が柔らかくなった気がして走りを再開。

なるべくふくらはぎを使わないように走ったのでペースは落ちたものの、
ストレッチのおかげで意外と普通に走れて、1km5分以内を維持。
このままいけるかと思いきや、終盤ペースを上げてしまったせいで
最後のトラックに入る直前にいよいよ完全に足攣り。
数秒ストレッチしてとにかくあと少しなのでトラックに駆け込みました。
最後のカーブを曲がるとゴール横の時計が3時間9分50秒。
グロス3時間10分切りを目指して両足のふくらはぎがやばい中ムリヤリダッシュしてゴールしました。

結果はグロスで3時間10分00秒。残念すぎる!
ネットでは3時間9分4秒でした。
自己ベストを10分更新できたのでよかったです。
足攣りはどうにかしなければ。
あと時計を探さなければ。
サブスリーを目指すガチランナーの中でアナログ時計で走り続けるっていうのも
シュールでおもしろい気はするけど。
  1. 2015/03/21(土) 23:05:08|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第32回藍のまち羽生さわやかマラソン

埼玉県の羽生でハーフマラソンを走ってきました!

高校時代の友人達と合計6人の大所帯で行ったんですが、
羽生は調べてみると意外と遠かったので熊谷で前泊することにしました。
夕方にまずは3人で熊谷入りして古びた宿にチェックイン。
そしてそのまま部屋で名探偵コナンを30分しっかり鑑賞し、
コナン君の鮮やかな推理に酔いしれました。

ちょうどコナン君が終わるのに合わせてもう1人到着したので4人でうどん屋さんへ。
マラソン大会の前夜はうどんです。
このメンバーでのマラソン大会は今回で5回目ですが、今までの度重なる試行錯誤の結果、
大会前夜の食事はうどんがよい、
という至って普通の結論に至ったのです。
我々もいっぱしの市民ランナーになってきた気がします。

IMG_8570.jpg IMG_8569.jpg
いいうどん屋さんでした。
深夜にさらに2人合流してこの日は就寝。

当日は予報通りの雨でしたが、この大会は体育館があったので本当に助かりました。
雨に濡れずに準備ができました。
いつも通り、朝ごはんにおにぎり+あんパン、会場ついてからバナナ、
スタート前にアミノバイタル赤のシーケンスで臨みました。

1年前の鴻巣ハーフの1時間27分を上回るには4:08/kmより速いペースで行く必要があって、
4:00/kmだと普段1km走っただけで限界なので厳しいなぁと思いつつスタートしました。
実際スタート後は最初こそ4:00/kmだったもののすぐ落ち始め、
10km地点あたりで4:10/kmまで落ちていてなかなか厳しい展開。
ペースを上げようにも上がらない。
むしろ維持しているつもりなのにどんどん落ちる。
そんな悔しい状況が続いていたんですが、14km地点を越えたあたりで今回は変化がありました。
なぜか急に呼吸が楽になったなと思ったら体がやたらと軽くなって足がどんどん前に出始めました。
ここで調子に乗ると間違いなくあとで撃沈するなということは分かっていたんですが、
ハーフだし行けるとこまで行こうと思い、調子に乗ることにしました。
そしてそのまま3:55/kmで2kmくらい走ったらやっぱり息が上がってきましたが、
なんとなく4:03/kmくらいのペースを維持して最後また3分台に上げてゴールしました。
ネットで1時間25分22秒でした。

あえてゆっくり走っている時に10km過ぎに体が軽くなるのはよくありますが、
これ以上上げられないと思っている時に急に体が軽くなるのは初めてだったのでびっくりしました。
雨で体温が上がり過ぎずに済んだのがよかったんだと思います。
普段からこのペースを最初から出せるくらいにコントロールできるようにしたいです。

走り終わった後は寒いのですぐ着替えてからゴール前で友人の応援をして、
帰りは銭湯に寄ってゆっくり休んでご飯を食べました。
体調不良と足の怪我でDNSした2人も今度は一緒に走りたいね!

羽生はこじんまりとした大会でしたが、ストレスなく過ごせて
雨の中応援してくれる人もいてとてもいい大会でした。
また出たいです。

当日は雨が降っていたので結果的に今回は写真がうどん屋さんしかない、
というグルメブログ風味でお届けしています。
  1. 2015/03/09(月) 23:04:35|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロヴァニエミ1日目

3泊5日でフィンランドのロヴァニエミ行ってきました!
ロヴァニエミいいところでした。
今日は1日目について書きます。
そうです、移動のみです。

IMG_8194.jpg
成田にて。
フィンエアーの飛行機はどかーんとマリメッコ。
これって世界最大のウニッコ柄なんじゃないでしょうか。
デザインにとって大きいことに何の意味があるのかよく分からないけれど。


IMG_8231.jpg IMG_8212.jpg
上空から。
僕は飛行機の中のかなりの時間を飛行情報の地図を見ながら過ごすんですが、
ロシアの北の方にノリリスクという町があって、
ヨーロッパに行くときにいつも近くを通るので気になっています。
こんな内陸の寒そうなところにある程度大きな街があって、
多くの人々が住んでいるなんて世界はすごい。


IMG_8245.jpg
ヘルシンキを経由してロヴァニエミ空港到着。
霧がすご過ぎて看板以外何も見えません。
やばいところに来てしまった感がすごいですが、
ロヴァニエミは有名な観光地なので大丈夫です。


IMG_8272.jpg IMG_8271.jpg
バスに乗ってホテル着。
オウナスヴァーラの丘のてっぺんにあるホテルです。
町から3kmくらい離れていて、静かでいいホテルでした。
ロビーには普通に街の地図やお土産がある他、
1週間の天気予報やオーロラ観測バスの発車状況なんかの張り紙もある。

IMG_8278.jpg IMG_8285.jpg
ホテルの屋上から。
晴れていて運が良ければオーロラが見えます。
見ての通り、オーロラどころではない天気。
屋上にはイスがあるので座ってのんびりオーロラを待つことができます。
っていう気温じゃないけど。
でも防寒着で完全武装してホッカイロを持てばけっこう平気でした。

長時間の移動で疲れたので早々に寝ました。
おやすみなさい。
  1. 2015/03/01(日) 01:24:00|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0