クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オリンピックセンターと不完全性定理

yoyogi_olympic

代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターに行ってきました。
数理論理学周辺の話を聞いてきました。
世の中にはものすごい人がたくさんいるなと思いました。

この分野は数学基礎論と呼ばれることもあって、
この名前がふさわしいかどうかは意見の分かれるところなんですが、
少なくとも昔は、数学の基礎を考える人の学問だったわけです。

今ではそこまで考えて研究している人は少ないのですが、
それでも分野の性格上たまにそういった難しい問題が垣間見えることがあります。
そんなことを感じた3日間でした。


少し話は違いますが、よく問題になるのがゲーデルの不完全性定理です。
これは「数学は不完全だ」などと要約されることの多い定理なんですが、
そんな数学を真っ向から全否定するようなとんでもない定理ではなくて、
実際はもう少し複雑なことを言っています。
なので定理自体は厳密に証明されていて疑問の余地はないんですが、
それを短絡的に短いキャッチフレーズで表現すると
無数の誤解を生んで「数学はもうダメだ」とか「科学の限界が見えた」とか
わけのわからないことになるわけです。

数学がどうあるべきか、みたいな話は本当に厄介です。
僕はあんまりその辺の主張は持っていないんですが、
少なくとも現時点でいえることは、
このブログがぐだぐだで激しく不完全だということです。
不完全性定理のせいだと思います。
  1. 2008/12/01(月) 04:09:27|
  2. 数学・論理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<帰路 | ホーム | 7777>>

コメント

はじめまして、ブログ村からきました♪

応援ポチ ('∇')
  1. 2008/12/03(水) 22:15:17 |
  2. URL |
  3. poo #ZK/TaodE
  4. [ 編集]

>pooさん
はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。
  1. 2008/12/04(木) 18:14:47 |
  2. URL |
  3. わ #cZ.aCtDc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://myumbrella.blog42.fc2.com/tb.php/113-b9e8aa82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。