クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルビンの紙パック

とりあえず修論を一通り書き終わりました。

ところでこないだ紙パックのジュースを飲んだんですが、
ハサミで切って注ぎ口を作るようになってるんですよね。
さらにもう1ヶ所切るところがあって、「空気抜き」って書いてあるわけです。
まぁ2ヶ所穴が開いてたほうがスムーズに出るっていうのは
醤油入れとかでもよくある話だと思います。

ここで問題なのは「空気抜き」から本当に空気が抜けてるのか、ってことです。
普通にジュースを注いでいる限り空気が入ってくることはあっても
抜けるという状況はなかなか難しい気がします。

まあでもこういうのって例のやたらと有名な壷と同じで、
どっちが内側でどっちが外側だなんていうのは見方次第なんですよね。

tsubo

せっかくなので描いてみました。ルビンの壷だそうです。
壷にも向かい合った人の顔にも見えるっていうアレですが、
なんと壷にも顔にもどちらにも見えないという驚くべきものを描いてしまいました。
見方によって正体不明の何かAと正体不明の何かBが
2通り見えるというかなり画期的な絵です。
とりあえず右は口がスネ夫ですよね。
髪は切ったんでしょうか。

さて話がそれましたが、そういうわけで我々が紙パックの外側だと思っている
この空間は実は内側であって、ここから紙パックの外側へ向かって
空気が抜けているんだと思えば「空気抜き」という表記もアリなんじゃないかと思います。
ジュースを飲めば飲むほど空気が抜けていって最終的には外側が空気だけに
なるので紙パックをゴミ袋に入れておしまいです。
というのも実は少しウソで、内側と外側をこのように捉えるのであれば
一見ゴミ袋にいれるような動作も実際にはゴミ袋から出す、という動作なので
我々はジュースを飲み終わったら紙パックをゴミ袋から出し、
自分はゴミ袋に入って満足して寝るわけです。
シュールですね。

まぁ今回はスネ夫の方が圧倒的にシュールですが。
左のおでこから何が出ているのか誰か教えてください。
  1. 2009/01/29(木) 04:15:03|
  2. 無意味な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<辞書に聞いてみよう第10回「こ」 | ホーム | 帰ってきた僕らのアリタリア航空(イタリア6日目)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://myumbrella.blog42.fc2.com/tb.php/132-9f58f868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。