クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

鍵盤ハーモニカ到着

kemban

鍵盤ハーモニカが我が家にやって来ました。
ヤフオクで落としたのでやって来るのは当たり前なんですが、
小学校以来の久しぶりの再会に感動しています。
対象年齢7歳以上です。
対象外じゃなくて安心しました。

アイリッシュ音楽でも使うアコーディオンやコンサーティーナに音がなんとなく似ているので
ティンホイッスルと合わせたらおもしろいかなと思ったんですが、
よく考えたら口が1つしかないので無理でした。当たり前すぎて涙が出ます。

その後はなんとかショックからも立ち直り、一人で多重録音して遊びました。
多重って言っても二重ですが、そういうのは初めてやったので新鮮でした。
なんだか不思議な音のかたまりができて終わりました。

さて、鍵盤ハーモニカとティンホイッスルを同時に合わせるのには
口の数だけでなく手の数も足りないわけですが、
実は片手で吹ける「テイバー・パイプ」という笛があります。
穴が3つしか空いていないのに普通に音階が吹けるというすごい笛です。
もう片方の手でタイコを叩くために作られた笛だそうです。
実は楽器屋さんで吹かせてもらったことがあるんですが、
音はちゃんと出るものの、持ち方が不安定になるので困りました。

というか、そんなマニアックな笛を引き合いに出さなくても、
トランペットだって一応片手で吹けますよね。
昔、手を骨折したときに片手で吹いてた時期がありました。

ちなみに骨折の原因は「塾のイスからこけた」という我ながらびっくりの理由でした。
こんなにバカバカしい骨折をした人はなかなかいないだろうと高をくくっていたら、
こないだ「笑いすぎて肋骨が折れたことがある」という人に出会いました。
世の中いろんな人がいるなと改めて思いました。
「我こそはもっとすごい骨折をした」という人がもしいればぜひ教えてください。
眠すぎて手首を骨折、とか、
暇すぎて足の指を骨折、とか、
力みすぎて鼻毛を骨折、とかした人は早急に連絡をください。
内容が対象年齢7歳になってきたのでやめます。
  1. 2009/09/13(日) 03:45:45|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<幸せはシャンソニア劇場から | ホーム | レッツ皇居ランニング!>>

コメント

皇居ランニングお疲れさまでした!ハーモニカでビブラートをかける技を取得してください!
  1. 2009/09/14(月) 22:37:57 |
  2. URL |
  3. JIN #-
  4. [ 編集]

>JIN
ありがとう!
実はきのう西荻窪でアコーディオンを聴いてきたんだけど、
アコーディオンってビブラートかけられるんだね。
アコーディオンにできて鍵盤ハーモニカにできないわけないから
鍵盤ハーモニカでもきっとできると思う!
っつーわけでケンハモを買って練習しといてください。よろしく。
  1. 2009/09/14(月) 23:30:35 |
  2. URL |
  3. わ #cZ.aCtDc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://myumbrella.blog42.fc2.com/tb.php/183-320481f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)