クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

9月の終わり

suntory


とうとう9月が終わりました。
社会人になってから半年が経過しました。
早いです。早すぎます。早いというより速いです。
時間がマッハ3くらいで進んでいる気がします。

ところで、この音速の単位マッハの語源を知っていますか?
実は、物理学者エルンスト・マッハにちなんで名づけられたそうです。
人間だったんですね。

そこで気になるのは、エルンスト・マッハが全力ダッシュをすると
それはマッハいくつなのか、ということです。

こないだの世界陸上で世界を驚かせたウサイン・ボルトは
100メートル9.58秒なので、マッハ0.03です。
エルンスト・マッハはwikipediaで見たところ
そもそもダッシュとかできるのかどうか心配なくらいの
髭もじゃおじいちゃんなので、確実にマッハ0.03以下だと思います。

実はああ見えて物凄い潜在能力を秘めていて、
その気になればボルトさんを100メートルで1秒上回る
人間の限界を超えたスーパーアスリートだったとしても、
マッハ0.034です。

マッハはマッハ0.034以下です。

個人的にはマッハであるからには当然マッハ1であってほしいんですが、
残念ながらマッハはマッハ0.034以下です。
こんなことが許されるんでしょうか。
ショックを隠しきれません。

例えば佐藤さんが佐藤0.034以下だったり、鈴木さんが鈴木0.034以下だったりしたら、
お前は本当に佐藤さんなのか?鈴木さんなのか?って話になりますよね。
なのにマッハはマッハ0.034以下でありながら平然とマッハなのはどうなのかと問いたいのです。

まぁかといって、マッハの全力ダッシュがちょうどマッハ1だったら
音速が遅すぎて日常生活に支障をきたすので仕方ないのかなと思います。
自然界の仕組みがマッハをマッハ0.034以下に甘んじさせているわけです。

さて、このマッハの話は大学1年のころにも
まだブログになる前のここの日記に書いたことがあったのですが、
けっこう好きな話題だったのでついもう1度書いてしまいました。
自分の成長がマッハ0なのがとても心配です。
  1. 2009/10/01(木) 01:40:41|
  2. 無意味な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Sigur Ros | ホーム | 幸せはシャンソニア劇場から>>

コメント

なんちゃってを…

はじめまして。

>佐藤さんが佐藤0.034以下だったり、()
>お前は本当に佐藤さんなのか?()って話になりますよね。

個人(個体)の名前と内容が一致しないわけですよね。
このようなとき、「なんちゃって」を使うんではないでしょうか。

大卒でも、在学中は何時もマージャン(古い)していて、学士だが
大学での知的成長は特にない人は、「なんちゃって学士」とか。

上の話では、、「なんちゃって佐藤」さんに。
失礼しました。
  1. 2009/10/12(月) 10:36:07 |
  2. URL |
  3. タナカコウイチロウ #JyN/eAqk
  4. [ 編集]

>タナカコウイチロウさん
コメントありがとうございます!
「なんちゃって」は昔は文末につく言葉だったはずなのに、
いつから単語の前につくようになったのか気になります。
単語の前につく「なんちゃって」は真の「なんちゃって」ではないと思います。
つまりそれは「なんちゃってなんちゃって」です。

よろしければまた遊びに来てください。
  1. 2009/10/13(火) 01:33:29 |
  2. URL |
  3. わ #cZ.aCtDc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://myumbrella.blog42.fc2.com/tb.php/188-780ab0b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)