クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

風の強い日

mode


木曜日の新宿です。
いつの間にこんなわけわかんないもん造ってたんですか?
全然知りませんでした。

きのう今日と、風がヤケクソに強いですよね。
ヤケクソってよく考えたら物凄い言葉ですが、
もう本当に糞が発火するくらいに風が強いですよね。
糞が発火するという状況は確かにヤケクソな感じだと思いました。

ところで、小学校のころの国語の教科書に「風の強い日」というお話が載ってました。
クジラが空を飛ぶ話で、あれ以来風の強い日がくるたびに思い出します。
確かクジラが「空を飛びたいんだ」とか言うんですが、
挿絵が子供向けでむかついた覚えがあります。
僕はすごいかわいくない子供だったので、
基本的にそういうのにはむかついてました。

小1のときに
「自分は知識と経験がないだけで、思考能力は大人と同じである」
と思ってたんですが、もうやばいくらいにガキでしたね。
あらゆる子供の中から最もガキな子供を慎重に抽出して
ガキの集合を形成してもその中でさらにガキなくらいにガキでしたね。
そういうわけで小学生はやっぱりガキだと思うんですが、
でもそういう扱いにむかついてる小学生も一部いるんじゃないかな、と思います。
どれくらいの割合でいるのかけっこう気になります。
  1. 2008/02/25(月) 04:43:31|
  2. 無意味な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<エントリーシート | ホーム | 意思疎通>>

コメント

ちょっと 通りますよ。

うん。正しくは すご「く」かわいくない だね。
活用させてください。ちょっと気になった。

教職の勉強をしていると、その問題は絶対に触れるんだけどね。
レベルを上に合わせたらついていけないコがいる。と
確かそんな判断なハズ。
第一「かわいい」っていう表現が曖昧すぎる件。
日本語ってこわいなー。というか、言語の括りや観念が怖い。
  1. 2008/02/28(木) 00:58:29 |
  2. URL |
  3. いも #-
  4. [ 編集]

>いも
相変わらず好戦的だね(笑)
実は、すご「い」もわかっててそうしていて、
指摘されるとは思ってなかったからおもしろかった。
すご「く」だと文の流れがちょっと切れちゃって嫌なんだよね。
でもせっかく指摘してくれたのでこれからは正しく使おうと思います。
ありがとう。いや本当にさすが。
他にもなんかあったらご指摘願います。
なるべく気づかないで間違ってるやつがいい(笑)。
けっこうあると思う。

教職はそういうこともやるんだね。
まぁ僕の場合、自覚が生意気だっただけであって、
実態は毎週ドラえもんを楽しみにしてしまうような小学生だったので、
低いレベルに合わせてくれてよかったんだと思います。
ミッフィーのレベルまで上げられるとついていけない。

それにしても「かわいい」に厳しいよね。
個人的にはかわいいの氾濫よりも「あざーす」と「サーセン」に
疑問を感じるんですがそこんとこどうなんですか?
  1. 2008/02/28(木) 04:39:04 |
  2. URL |
  3. わ #cZ.aCtDc
  4. [ 編集]

あざーす と サーセン

これは完全にネタだね。元はねらーなので、仕方ないのかもしれない。
以前好きだった人に「お前がねらー語を使っていたから、合わせてるだけだよ。」と言われた時に
もうやめよう! と決意したけれど、未だに使っていますね。
唯 真剣に文字や言葉を扱う職業を、文化というフィルタに掛けて考えている今となっては
ネタではあるけれど 興味の対象では有るのかも知れない。
引っ掛かりはあるのだけれど、案外私自身がグレーな人間であるように。
これについては長くなるので、自身のブログで触れてみる事にします。
  1. 2008/03/04(火) 01:21:25 |
  2. URL |
  3. いも #-
  4. [ 編集]

コメントあざーす。

そんなことで「長くなる」なよ(笑)

まぁ世の中いろんな日本語があってある程度はどうでもいいんだけど、
「ありがとう」と「すみません」は日本語の中でも最も誠実さが要求される単語だと思うので
そこを適当にしてしまうのはどうかなと思います。
こんなこといってサーセン。
  1. 2008/03/04(火) 03:29:34 |
  2. URL |
  3. わ #cZ.aCtDc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://myumbrella.blog42.fc2.com/tb.php/19-273ace60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)