クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

第1回YOKOHAMAランニングフェスタ@こどもの国

「YOKOHAMAランニングフェスタ@こどもの国」のリレーマラソンに参加してきました。
高校時代のマラソン大会の会場がこどもの国だったので、
当時のコースをもう一度走ろうという趣旨で高校時代の友人+助っ人1人の4人チームで走ってきました。

こどもの国は一周4.2kmですがアップダウンがかなり激しいので、
高校時代のマラソン大会は本当に苦しかった記憶があります。
そして今回もやっぱり苦しかったです。
こどもの国などというメルヘンな名前に反してランニングコースは完全に大人の国です。
強烈な高低差にもがき苦しむ大人たちの楽園が4.2kmにわたって続くのです。

我がチームは10周(フルマラソンの距離)で3時間15分以内という目標を立てたんですが、
結果はなんと3時間14分57秒でした。最後ダッシュしてよかった。

全員が1秒ずつ遅かったら達成できなかったことを考えると、
1人1人の努力がチームを成功に導くために如何に重要であるかが分かります。
全員がタイムを1秒単位で切り詰めるために身を削って限界に挑戦した結果なのだと思います。
そして最後は全員の熱い熱意と団結力が目標達成に繋がりました。
と、いうのは全て嘘です。
今回はタイムは大して重視していなかったからです。
もともと重視していなくても、目標をギリギリのところでクリアすると
その結果に対していろいろ意味付けして演出過多になってしまうことが
世の中多い気がするのでもったいないなと思います。
我がチームは目標タイムを3秒差で達成し、それは偶然でした。
美しいと思います。


今回の目的は順位やタイムよりも「タスキを繋いでる感」を楽しむことだったので、
それができてよかったです。駅伝楽しいです。
TV中継する箱根駅伝とは違って、仲間がどこを走っているかが基本的に分からないので、
仲間が中継ポイントに帰ってくるのを見つけた瞬間が一番盛り上がります。
もちろん2番目に重視しているのは順位やタイムなので
最後全力で走ってきてタスキを渡すと盛り上がります。

タスキ渡し楽しいですよね。
箱根駅伝やオリンピックのリレー種目も結構好きなんですが、
これらが他のチーム戦の競技と決定的に違うのはこのタスキ(あるいはバトン)渡しであって、
実はピタゴラスイッチやドミノ倒しにも少し近い楽しさなんじゃないかと思います。
ドミノ倒しやりたいですね。
  1. 2014/02/23(日) 01:03:40|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第32回鴻巣パンジーマラソン | ホーム | Múm - Finally We Are No One>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://myumbrella.blog42.fc2.com/tb.php/300-7f37412e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)