クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2014板橋Cityマラソン

DSC_0070.jpg


2014板橋Cityマラソンで見事撃沈してきました!

当日は見事な快晴のもとで目標3時間半を掲げて意気揚々とスタートし、
前半はいい感じでラップを刻めていていたんですが、
21km地点を折り返したところで予想外の状況が待っていました。
向かい風がゴウゴウと吹いているのです。

河川敷に強風が吹きやすいのは普段の練習で分かっていたはずなんですが、
追い風だと全然風を感じないので無風だと信じていました。
むしろ風が背中を押してくれるのでタイムもよくなり、
これはいい結果が出るんじゃないかなどと甘っちょろいことを考えていました。
終わった後で知り合いのベテランランナーの人に聞いたところによると、
追い風のときからまわりの旗の向きや揺れ具合から風を予測して
復路の計画を立てるのが一人前ランナーのようです。さすがです。

復路は予期せぬ向かい風にどこまで立ち向かおうか迷ったんですが、
立ち向かわないとみるみる遅くなるので頑張って地面を強く蹴って進みました。
そしたら30kmあたりで右ふくらはぎに違和感が出てきて、
これはやばいなと思いつつそのまま走りました。
そして案の定34km地点で攣りました。

立ち止まってストレッチをしてまた走り出すも、
右足を庇って走るので今度は左ふくらはぎを攣り、
フォームがおかしくなってくるので膝や肩も痛くなる始末。
1km走れずにふくらはぎが攣ってストレッチという悲惨な状況に陥りました。

正直最初はあと8kmならなんとか行けるだろうと思ったんですが、
そこからの8kmは異様に長く、いくら走っても次の距離表示が見えてこない、
そして足を攣る、もう最後まで歩いてしまおうかと思いました。

前半は3時間半を余裕でクリアできる見込みだったのが終盤ギリギリになり、
間に合わなくなり、結局ネットタイムで3時間31分48秒でした。

今シーズンのレースはこれで最後なので悔しいです。
でもそもそも風がなければ42kmあのペースで行けたかというと
なんだかそれも怪しい気がするので、単純に練習不足だったんだと思います。
次回こそサブ3.5を目指します。

板橋シティマラソンは参加人数の割にいろいろな待ち時間が少なく
運営がとてもスムーズな大会でした。
エイドもたくさんあっていい大会でした。

いつになく市民ランナーのブログっぽい記事にしてみました。
どこでペースを上げたとか落としたとか、
どこで知り合いの○○さんとすれ違うとか、
どこのエイドでおにぎりを食べてちょっと元気になるとか、
そんなことどうでもよすぎるだろと思ってたんですが、
最近そうとも言い切れないことに気付きました。
自分の出た大会だとごく普通のマラソンレポを読むのが結構楽しいのです。

したがって板橋シティマラソンのコースが全然シティじゃない件について
ネチネチと深く掘り下げて議論するのはまたの機会にします。
そもそも「シティ」という単語自体が日本語の中でだいぶ浮いた存在であって、
初めてシティという言葉に違和感を覚えたのは10年以上前、
東京シティフィルハーモニック管弦楽団の名前を聞いて
そのシティは一体なんなんだと思ったのが最初でしたという話もまたの機会にします。
僕の中でシティといえばシムシティ一択なのであって、
東京シティフィルも板橋シティマラソンもシティを名乗りたければ
最低でもスーファミ版シムシティでマリオ像くらい建ててくれないと絶対認められないですよね、
という話はまたの機会があっても絶対しないつもりです。
恐ろしく不毛なので。
  1. 2014/03/24(月) 23:54:02|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伊豆大島 | ホーム | Gabrielle Aplin - English Rain>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://myumbrella.blog42.fc2.com/tb.php/304-5d7a8775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。