アイスランドクローネ日記帳

音楽のこと、旅行のこと、ふと思ったこと、全く思っていないこと等を書きます。

第26回袋井クラウンメロンマラソン

ecopa

もう1ヶ月以上前ですが、袋井クラウンメロンマラソンに出てきました!

前回の板橋シティマラソンで34km地点で足を攣ってしまったので、
今回は攣らないように負荷をかけすぎないように意識して走りました。

前半のうちから34km地点のことが頭の片隅にあって、
レースの楽しさと終盤への不安が入り混じる気持ちで走りました。
そして30kmあたりからはいよいよだなと身構えながら足を運びました。
なので34kmを越えて35kmの標識が見えたときはびっくりするくらいの解放感でした。
これで少なくとも前回よりはちゃんとしたペースで長く走れる。
思わずペースが上がりました。

が、そうやって調子に乗ったせいか、37km地点あたりで右足のふくらはぎに微妙な緊張感が。
まぁここまでくればだましだまし最後までいけるだろうと思うも、
フルマラソンの最後の5kmというのはなぜこんなに長いのか。
40km地点あたりの最後の登り坂でどうしても力んでしまい、
41kmを越えたところで右ふくらはぎが悲鳴を上げました。
あと数百mなのに前に進めないもどかしさ。
ストレッチをしてすぐ走ろうとするも、やっぱり走れないのでもう一度ストレッチ。
抜き去り際に「がんばれ!」と激励を送ってくれたおじさん(?)、ありがとうございました。

1分くらいストレッチをしたらやっと走れるようになって、
のろのろペースでスタジアムに帰ってきました。
このスタジアムは電光掲示板に帰ってきたランナーの映像が流れるらしく、
最後にランナーはテンションが上がるらしいんですが、
僕はそんなことに気づく余裕すらなく、ひたすら前を見てのろのろ走りました。

なんとかこのままゴールできると思った矢先、
あと10mくらいのところでまたしても右足が攣り、
それを庇って走ろうとした左足も攣りました。
あと10mでストレッチをするのもあんまりなので、
もうほとんど歩いているくらいのスピードで腕だけ死にもの狂いで振って
なんとかゴールのゲートをくぐりました。

ゴール後はひたすらストレッチをじっくりやったあと、
大会名の由来であるクラウンメロンを2切れいただきました。

ひととおり落ち着いたら10kmを完走したY氏と合流。
宿で起床する気配がなかったときにはこのまま帰るんじゃないかと思いましたが、
ちゃんとあのあと起きてレースに間に合ったようでよかったです。

相変わらず猛烈に寒い中、屋台でお好み焼きを食べて帰路につきました。
小田原で途中下車して温泉に入ってゆっくりご飯も食べました。

2回連続で足を攣ってしまったので、
もう少し距離を踏む練習が必要かなと思います。

袋井クラウンメロンマラソンはストレスなく走れるいい大会でした。
袋井の景色を堪能しました。
体育館が暖かくて快適なのが特によかったです。

タイムはグロスで3時間25分52秒、ネットで3時間25分38秒でした。
こんな散々な展開ながら初サブ3.5でした。
  1. 2015/02/01(日) 23:43:46|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第63回勝田全国マラソン | ホーム | Tiny Leaves - A Good Land, An Excellent Land>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://myumbrella.blog42.fc2.com/tb.php/308-4ecf37d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)