クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第3回サンスポ古河はなももマラソン

古河はなももマラソンを走ってきました!

今回なぜか腕時計を紛失してしまい、家中を探しても見つからず、まさかのアナログ時計で突撃しました。
秒針が0になったところで止めて分針を10時に合わせておき、スタートラインをまたぐ瞬間に時計スタート。
1kmごとの距離表示のたびに脳内でペースを計算しました。
最初の数キロこそ分針と秒針を見ていたものの、
さすがに体感ペースと1分以上ずれるはずはないので
途中から秒針だけ見て走るようにしたら意外と走りやすかったです。

今回は目標3時間15分か3時間10分で序盤の調子をみて決めようと思っていたんですが、
時計を見る時に4分半ペースだと計算しやすいので必然的に4分半ペース=3時間10分狙いに決定。

はなももマラソンは途中折り返しポイントが5回もあって、
そのたびにスピードが殺されるので嫌だなぁと思っていたんですが、
実際走ってみると対向車線のランナーが観察できて結構楽しかったです。
特にトップ集団の迫力はすごい。

フラットなコースをひたすら走っている間に30km地点に到達。
今回はかつてないペースで走っていたのでずっと嫌な予感がしていたんですが、
35km地点でその予感が的中し、右のふくらはぎが攣りそうになりました。

今まではこういう時はなんとか騙し騙し走っていたんですが、
今までの経験上どう騙してもあと7kmは持たないと思ったので、
意を決して一度立ち止まってストレッチしました。
まだ完全に攣ったわけではなかったので、短時間ストレッチするだけで
だいぶ足が柔らかくなった気がして走りを再開。

なるべくふくらはぎを使わないように走ったのでペースは落ちたものの、
ストレッチのおかげで意外と普通に走れて、1km5分以内を維持。
このままいけるかと思いきや、終盤ペースを上げてしまったせいで
最後のトラックに入る直前にいよいよ完全に足攣り。
数秒ストレッチしてとにかくあと少しなのでトラックに駆け込みました。
最後のカーブを曲がるとゴール横の時計が3時間9分50秒。
グロス3時間10分切りを目指して両足のふくらはぎがやばい中ムリヤリダッシュしてゴールしました。

結果はグロスで3時間10分00秒。残念すぎる!
ネットでは3時間9分4秒でした。
自己ベストを10分更新できたのでよかったです。
足攣りはどうにかしなければ。
あと時計を探さなければ。
サブスリーを目指すガチランナーの中でアナログ時計で走り続けるっていうのも
シュールでおもしろい気はするけど。
  1. 2015/03/21(土) 23:05:08|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リバーダンス20周年記念来日公演 | ホーム | 第32回藍のまち羽生さわやかマラソン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://myumbrella.blog42.fc2.com/tb.php/313-327606eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。