クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

クラウドを支える技術 データセンターサイズのマシン設計法入門 (技術評論社)

なんとなく図書館で見つけたので借りて読みました。

クラウドを支える技術 データセンターサイズのマシン設計法入門
技術評論社

データセンターみたいな巨大なマシン群ってハイテクなイメージあるけど、
実際には故障対応とか温度管理とか電力管理とか
そういう地味な話題ばっかりなのが印象的。
それだけ業界が成熟したってことなんだろうけど。
サーバーやハードディスクは最高品質のものよりもむしろ安価なものを大量購入して
故障する前提でシステムが組まれるのも独特な考え方だなと。

せっかく読んだので忘れないように自分用メモ。


1. WSC
Warehouse-Scale Computer (倉庫サイズのコンピュータ) の略。
前からだけど、Warehouseという単語にお菓子のウエハース的なものを感じてしまう。
美味しそうなコンピュータだな、と。

2. レプリケーション (複製)
カタカナ語はすぐ意味を忘れる。ただのレプリカなのに。
キャッシュとかもそうだけど、コピーの話題は整合性の話がめんどい。

3. シャーディング (分割)
多くのストレージに分割して保存するやつ。

4. ロードバランス
シャーディングすると応答が遅いマシンがボトルネックになるので
負荷分散を工夫するという話。

5. カナリア
1つのリクエストを全サーバーに分散して一斉クラッシュすると最悪なので、
最初は小数のサーバーで実行して様子を見る。
昔、坑道にカナリアを放って空気の安全性をチェックした話に由来する。
意味に反してオシャレな用語ですね。
日常生活でもよくやるよね。

6. MapReduce, BigTable, Dynamo
分散コンピューティングのフレームワーク。
MapReduceは前に本で読んだけどすでに忘れつつある。
普通のパソコンも今はCoreがどんどん増えてるし、
今後はこういうフレームワークでいろいろやるようになっていくんだろうか。

7. テイルトレランス
分散の数が多いと、1つだけ応答が遅いやつがいると全体が遅くなるという問題。
なんか学校のクラスでよくある連帯責任みたいでやだな。

8. Colossus
GoogleのGFSを置き換えたもの。GFSって既にお役御免だったのか。

9. Tier
データセンターの冗長性に関する1~4のレベル。
データの冗長性がRAIDなら、センターの冗長性はTierということか。
電力系とか冷却系とかの冗長性。

10. UPS (Uninterruptible Power Supply : 無停電電源)
データセンターじゃなくてもよく出てくる言葉だけど、唐突に出てくるとなんかのソフトの名前かと思ってしまう。

11. CPUは使用率が高いほど電力効率がいい
そういわれてもやだよ(笑)。

12. Unavailable (使用不能)
故障 (Failure) に加えて、メンテナンス時間、アップグレード時間なども含む。
昔やった気がする!

13. スパコンとの違い
訳者が追加したこの章が一番おもしろかった!
どっちも見た目は似てるけど考え方がだいぶ違う。
WSCは大量の似たようなリクエストを処理するために
同じ機能のサーバーがたくさんあるから、1つ故障してもさほど問題ない。
そして充分並列化されている。
スパコンは1つのリクエストを扱うから、サーバーが故障すると全体が止まる。
サーバー同士の情報交換も多いからネットワーク重視。(トーラス!)

WSCは大量のユーザーがアクセスするサービスを扱うから可用性が大事。
スパコンは小数のユーザーに対して結果が少し遅れるだけだから、
WSCに比べると可用性は小さくてもよい。

スパコンは浮動小数点演算が多いからGPUに頼り気味。
WSCではCPUメインだったけどFPGAも使われ始めている。

WSCは対故障のためにレプリケーションが大規模だけど、
それだと書き込みに時間がかかるからスパコンでは性能重視でRAID。

スパコンでは多くのサーバーで1つのリクエストを扱うから、
サーバー同士の同期が重要で、OS割り込みによる処理時間ばらつき(OSジッタ)が邪魔。
割り込みの同期とかで対策している。

スパコンで使用するソフト(CAE : Computer Aided Engineering)。
NASTRAN (構造解析), ANSYS (構造、電磁場、電熱の解析), FLUENT (流体解析), PAM-CRASH (衝突解析),
LS-DYNA (衝突解析), GAUSSIAN (計算化学) などなどたくさんある。
でも京のような単発スパコンにはライセンス料が見込めないから移植されていない。
性能高いのにソフトがなくて使いづらいって昔から言われているよね。
もったいない…。

それにしてもスパコンのインターコネクトがトーラスだっていう話は
まさにトポロジーの応用ここに極まれりという感じで好き。
ドラクエの地図だけじゃなかったんだね!
  1. 2016/09/16(金) 23:53:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<シグナル&ノイズ - 天才データアナリストの「予測学」 [ネイト・シルバー(著) 川渕節子(訳)] (日経BP社) | ホーム | プログラミング .NET Framework 第4版 / Jeffrey Richter>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://myumbrella.blog42.fc2.com/tb.php/318-12c2f3c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)