アイスランドクローネ日記帳

音楽のこと、旅行のこと、ふと思ったこと、全く思っていないこと等を書きます。

辞書に聞いてみよう第19回「ね」「の」

長いこと待っていなかった人も待っていなかった人もこんにちは。
2年半ぶりに辞書シリーズやります。まだまだ続けます。
辞書の中の連続した2単語を並べて新しい言葉を創る試みです。
今日は「ね」と「の」の日です。


88. 「ねぎまねぎらう」
つくねも砂肝もレバーもみんな本当によくやったな。
今後もその調子で頑張ってくれたまえ。
たまにはネギも挟むといいだろう。


89. 「寝込みネコミミ」
ネコの耳が寝込んでいる様子。
ネコ自身は至って元気であり、ネコの耳だけが寝込んでいるようである。
近年、動物の耳が本体から独立しつつあることが生態系の懸念事項となっているが、
アユの耳が我が道を歩みアユミミし、
加古さんの耳は鍋を囲みカコミミし、
紀子さんの耳は敵地に乗込みノリコミミし、
田倉さんの耳は悪事を企みタクラミミし、
マリメッコの耳当ては相手を丸め込みマルメコミミしており、
もはや取り返しがつかない事態となっている。
もちろんこの説明も取り返しがつかない事態となっている。


90. 「ねちねち熱」
おい100℃、お前さぁ、だいたいさぁ、お前みたいにお湯が沸騰するとかいって目立つやつがいるからさぁ、
俺みたいなやつが全然脚光を浴びないっていうかさ、いや、不満とかじゃなくて、マジで。
実際さ、俺は俺なりに31℃としての責務を果たしているわけで、
毎日あの30℃と32℃の間に入って2人を取り持ってやったりしてるわけよ?
俺らも温度だしお互いやっぱ合う合わないあるしさ、俺みたいなのがいるから温度もうまくいってるっていうかさ、
お前はそういうの分かってるのかなぁほんとに。え?分かってる?
いやそうは言うけどやっぱお前はさぁ、え?ぬるい?ぬるくねえよふざけんな!



91. 「野ぐそノクターン」
文句は辞書に言ってください。


92. 「延びるノブ」
ほらノブくん、ちゃんとかかとを地面に付けないと駄目って言ったでしょ。


93. 「述べるノベル」
何かを述べるノベルのこと。
述べないノベルはノベルではないので述べるノベルとはすなわちノベルのこと。
近年は本文が2文字しかない超短編のノベルが一大ジャンルを築いており、
特に本文で「らい」と述べるライトノベルは書店でも数多く陳列されている。
もちろん「らい」と述べないライトノベナイも引き続き好評発売中である。



久しぶりすぎておかしなことになりました。
ところで僕が使っている辞書は1982年の古い辞書なので
「ネコミミ」が載っていることに一瞬びっくりしたんですが、よく読むと、

「猫耳」:耳あかが、やわらかで、少しにおう状態。

でした。日本語は変わっていくのですね。
  1. 2016/09/24(土) 01:14:59|
  2. 辞書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Linuxデビュー | ホーム | 信号処理プロセッサ[青山友紀・小野定康(著)] (オーム社)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://myumbrella.blog42.fc2.com/tb.php/327-d0a82ac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)