クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

空と雲

cloud2


日曜は高校時代の友人たちとの飲み会でした。

企画してくれた友人には普段は全く会わないんですが、
もうすぐ5年になろうとしているこのページにずっと昔から
定期的に来てくれていて、飲み会とかで久しぶりに会うたびに
それが発覚していちいちペースを乱される、という
とても素敵な友人です。
みな元気そうで何よりでした。

さて、この写真はただ単に雲っぽい雲を見つけたので撮ってみたものです。
雲の中でも最も雲っぽい雲とも言えるものと思います。
「も」を多くしてみました。

他には送電線っぽい送電線や、
電灯っぽい電灯、空っぽい空などが写っています。

中でも空っぽい空は本当に間違いなく確実に「空っぽい」と思います。
あえてこの写真を見て「空っぽいな」とはなかなか思いませんが、
「ではこの空は空っぽくないのか!?」と無闇に執拗に問い詰められると
空っぽいと答えざるを得ないという誘導尋問のごとく理不尽な空です。

ところで空という漢字で「からっぽ」を表すのはおもしろいですよね。
実際には空よりももっとからっぽなものがあって、それを
「真空(まことにからっぽ)」という名前にした苦し紛れで投げやりな態度が好きです。
空のからっぽさは一体なんだったんだと聞いてみたいです。

子供の頃、鬼ごっこの最中に自分の都合が悪くなると突然ルールを変えだす
愉快な少年がたまにいましたが、まさにあれです。
「今からオレ無敵ー!」
みたいな原理と、
「今日からほんとにからっぽなのは真空!」
みたいな原理は両者に共通して開き直ったすがすがしさを感じます。

僕も今日から無敵になるのでよろしくお願いします。
  1. 2008/05/28(水) 04:54:14|
  2. 無意味な話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<凄い漢字 | ホーム | 定演とその後>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://myumbrella.blog42.fc2.com/tb.php/47-df4fdf2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)