アイスランドクローネ日記帳

音楽のこと、旅行のこと、ふと思ったこと、全く思っていないこと等を書きます。

サラ・マクラクラン@バンクーバーオリンピック開会式

サラ・マクラクランが出ていたのでバンクーバーオリンピックの開会式を見ました。
テレビで。
当たり前ですが。

サラ・マクラクランはすごく好きで昔からいつも聴いているんですが、
まわりに知っている人がいないのが残念です。
テレビだとアナウンサーがいらんことを言いまくるので
歌はあんまり聴けませんでしたが、演出とか含めていい開会式だったと思います。

開会式の入場シーンって楽しいですよね。
アイスランドは北の国なのに人数が少なめでした。
それからアルバニアとアルメニアとアルジェリアは紛らわしいので
国名をなんとかしてください。
開会式を見ていると国名しりとりに強くなれそうです。
誰か今度やりましょう。
アルバニア→アルメニア→アルジェリアときて
アゼルバイジャンで負けたいです。
  1. 2010/02/14(日) 00:23:56|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オオフジツボ

ohfujitsubo


今日はオオフジツボのライブを聴いてきました。
オオフジツボはアイルランド音楽やオリジナル曲を演奏するバンドです。
実は聴きに行くのは2回目なんですが、今回とうとうCDも買ってしまいました。
ただいま3周目です。

まあほんとの意味で3周目だったらまだ1曲目の冒頭だと思うので、
実際にはCDは3周以上してるんですが、
なんでこんなにバカバカしいことを書いているのかわかりません。

ところで話変わりますが、
「いつ?どこで?何時何分何秒?地球が何周回ったとき?」
っていう訊き方って全国の小学生共通だと思ってたんですが、
意外と違うみたいですね。周囲でやたらと流行った覚えがあります。

このセリフの意味も一度書いたんですが、
小学生の口癖をいい大人がブログ上で必死に解説するのは
あまりにもあんまりだったんで消しました。
要するに日時と場所を問うているわけです。
  1. 2009/12/21(月) 01:48:07|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ザ・アイリッシュダンス ~ラグース~

ragus

11月23日に国際フォーラムでラグースの公演を観てきました。
久々のアイリッシュダンスです。

他の国の要素も取り入れて盛りだくさんな感じのリバーダンスとは違って、
ラグースはアイルランドの曲とダンス一筋です。
結構知ってる曲とかもあって楽しかったです。
やっぱりアイリッシュダンスはかっこいいです。最高です。
リバーダンスもまた観たくなりました。
でももうリバーダンスは来日しないというので悲しいです。
ああ悲しい。
  1. 2009/12/03(木) 22:29:30|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sigur Ros

久しぶりにSigur Ros (シガー・ロス) のCDを聴いています。
Sigur Rosはアイスランドのポストロックバンドです。
これがすげえんですよ。
何がどう凄いのかはAmazonのレビューとかを読んでください。
毎日聴いているとどこか知らないところへ行ってしまいそうだったので
しばらく聴いてなかったんですが、久しぶりに聴いて改めて衝撃を受けました。
Youtubeでも聴けますが、個人的には映像なしで聴いてほしい気がします。
映像があるとイメージが固定されてしまうので。

やー、アイスランドは半端ないですね。
タイトルに反してアイスランドが滅多に出てこないブログなのでちょうどよかったと思います。
いつか行かねば。
グトルフォスの滝を見に行かねば。

  1. 2009/10/12(月) 03:19:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鍵盤ハーモニカ到着

kemban

鍵盤ハーモニカが我が家にやって来ました。
ヤフオクで落としたのでやって来るのは当たり前なんですが、
小学校以来の久しぶりの再会に感動しています。
対象年齢7歳以上です。
対象外じゃなくて安心しました。

アイリッシュ音楽でも使うアコーディオンやコンサーティーナに音がなんとなく似ているので
ティンホイッスルと合わせたらおもしろいかなと思ったんですが、
よく考えたら口が1つしかないので無理でした。当たり前すぎて涙が出ます。

その後はなんとかショックからも立ち直り、一人で多重録音して遊びました。
多重って言っても二重ですが、そういうのは初めてやったので新鮮でした。
なんだか不思議な音のかたまりができて終わりました。

さて、鍵盤ハーモニカとティンホイッスルを同時に合わせるのには
口の数だけでなく手の数も足りないわけですが、
実は片手で吹ける「テイバー・パイプ」という笛があります。
穴が3つしか空いていないのに普通に音階が吹けるというすごい笛です。
もう片方の手でタイコを叩くために作られた笛だそうです。
実は楽器屋さんで吹かせてもらったことがあるんですが、
音はちゃんと出るものの、持ち方が不安定になるので困りました。

というか、そんなマニアックな笛を引き合いに出さなくても、
トランペットだって一応片手で吹けますよね。
昔、手を骨折したときに片手で吹いてた時期がありました。

ちなみに骨折の原因は「塾のイスからこけた」という我ながらびっくりの理由でした。
こんなにバカバカしい骨折をした人はなかなかいないだろうと高をくくっていたら、
こないだ「笑いすぎて肋骨が折れたことがある」という人に出会いました。
世の中いろんな人がいるなと改めて思いました。
「我こそはもっとすごい骨折をした」という人がもしいればぜひ教えてください。
眠すぎて手首を骨折、とか、
暇すぎて足の指を骨折、とか、
力みすぎて鼻毛を骨折、とかした人は早急に連絡をください。
内容が対象年齢7歳になってきたのでやめます。
  1. 2009/09/13(日) 03:45:45|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ