クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セント・パトリックス・デイ・パレード

omotesando

この前の日曜日、表参道でアイルランドのパレードを観てきました。
セント・パトリックス・デイ・パレードっていうやつです。
バグパイプの人たちが合奏しながら歩いていました。
ギネスビールの着ぐるみも歩いていました。
ビールを着ぐるみにするっていう発想がすごいです。

表参道ヒルズでは7月に来日するトリニティのメンバーが
アイリッシュダンスをやってたんですが、人が多くて見るのが大変でした。
さすが表参道ヒルズ。
東京3大ヒルズの名に恥じない貫禄を見せつけてくれます。

パレードは明日20日にも横浜でやるようなので、
興味のある方はぜひ。
興味のない方もぜひ。
どちらでもない方もぜひ。

「ある」と「ない」の間にはそもそも「どちらでもない」なんて存在しないんですが、
そうとわかっていても気づくとマークシートの中央縦一列に
どちらでもないラインが形成されてしまうのをそろそろ卒業しようという気が
あるかないかというとどちらでもないこのすごさ。
  1. 2010/03/20(土) 00:32:01|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は生まれて初めてスケートをしてきました。
高田馬場に行ってきました。
バンクーバーで浅田選手が銀メダルをとった次の日にスケートに行くという、
にわかには信じがたいミーハーっぷりを発揮してきました。

そこに土曜日という要素が加わると、もう言うまでもなく
スケート場は激混みで、それはそれはすごいことになっていました。
あのスケート場は今日は高田馬場とバンクーバーの融合地点だったようです。
高田馬場バンクーバーです。かなり激しく「バ」が続いています。

そんなわけで、高田馬場バンクーバーの人口密度は
ウォーリーを探せと互角の勢いにまでなっていて、
人も多ければ「バ」も多いという相乗効果を引き起こしており、夕方ころには
高田馬場ばばばンクーばばばーくらいにはなっていた気がします。
いよいよCDプレーヤーが壊れたかといわんばかりの「バ」の多さです。

さて、そんな恐ろしい世界で無謀にも人生初のスケートに果敢にチャレンジしたわけですが、
なんというか予想以上に楽しかったです。
また行きたいです。

ところで、ウォーリーを探せって知らない間に新しいのが出てるんですね。
こないだ本屋で見つけて驚きました。
探したいです。
  1. 2010/02/28(日) 02:56:06|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キャッツ!

cats

家族で横浜でキャッツ観てきました!

キャッツおもしろかったです。
ミュージカルの魅力が詰まった作品です。
リピーターが多いのもうなずけます。
その日の客席もなんとなくリピーターが多そうな雰囲気でした。
いいシーンはたくさんありますが、特に夜行列車の歌が楽しくて好きです。

ちなみにキャッツの原作は詩集だそうです。(参考URL)
あまりにミュージカルらしいミュージカルなので、
原作なんてないのかと思ってました。

話は変わりますが、オペラ座の怪人の続編「Love Never Dies」を
来年ロンドンで上演するそうです。(参考URL)

これは気になりますね。
ミュージカルって続編作ったりするんですね。
キャッツ2もいつ出来るのか楽しみです。
ただ単にやたらめったらネコを増やせばあっという間に
続編が出来上がりなので、けっこう簡単な気がします。
ただ、今でさえネコが多くて1回観ただけでは誰が誰だか全然わからなかったので、
キャッツ2になるともう完全にカオスの世界になりそうです。

ちなみにアンパンマンはキャラを増やしまくった結果、
1768体にのぼり、ギネス認定されたそうです。(参考URL
ネコが1768匹出てくるミュージカルはもはやミュージカルというより
バッファローの大群みたいな勢いになってますが、
キャッツシアターのそばにアンパンマンミュージアムがある以上、
アンパンマンはなかなか無視できない存在なのではないかと思います。

内容が全くないのに情報量だけはやたらと多い妙な日記になりました。
とにかくこれであと1年くらいは情報ゼロの日記を書き続けても大丈夫そうです。
どういうノルマなのか我ながら謎です。
  1. 2009/12/31(木) 02:19:01|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

トマト鍋ピザ鍋

tomato

友人宅でトマト鍋をやりました。
トマト鍋スープにさらにトマト本体を投下し、飲み物はもちろんトマトジュースという徹底ぶり。
「お茶が飲みたい」などという弱気な発言を黙殺して完全なるトマトワールドを繰り広げてきました。
トマトの赤さと鍋の黒さが見事に融合してものすごい色になっています。
見た目とは裏腹に、普通においしかったです。

そして後半はトマト鍋にチーズとピーマン、サラミ、タコさんウインナーを加えてピザ鍋です。

pizza

見た目からしてこのピザっぷり、すごいですよね。
ピザ鍋は、食べるたびにピザになったり鍋になったりするすごい鍋です。
ピザらしき部分を食べればピザに、トマトらしき部分を食べればトマト鍋になります。
そして、ピザらしき部分とトマトらしき部分を同時に食べると、
とにかくなんだかわかんねえけどすごいもの、になります。

とかって書くといかにもまずそうに聞こえると思いますが、
トマト鍋もピザ鍋もうまいです。それがすごいです。

「トマト鍋の会」から「ピザ鍋の会」になったあと、
どういう経緯で「ぷっちょを空高く飛ばす会」になったのか
よく覚えてないんですが、ぷっちょもうまいですよね。
  1. 2009/12/13(日) 23:45:06|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

医学と芸術展

日曜日に森美術館の「医学と芸術展」に行ってきました。
人体、生命、医療あたりをテーマに、博物館的なものから思想的なものまでいろいろありました。
DNAの二重螺旋構造が発見されたときのスケッチなんかもあって楽しかったです。
これです。

ただあくまで医学と「芸術」展なので、メッセージ性の強いものもたくさんありました。
クローンとかの生命倫理にかかわってくるものも少なくないので受け止め方も難しいです。
生命の問題はある意味全員が当事者なのでなかなか冷静に考えられなくて、
どうしてもイメージ先行の議論になるから危ないですよね。

ちょっと関係ないですが、遺伝子組み換え食品とかもあんまり
問題点が正確に認識されないままやたらと叩かれてイメージが悪化してる気がします。
地球の人口が増えていて、食料の安定供給という観点からも遺伝子組み換えを考えることは重要なのに、
イメージ先行でなんとなく悪いものにしてしまうのはよくないと思います。
「この納豆は遺伝子組み換えをしていません」
というメッセージが一体何を訴えたいのかはっきりしなくていつもイライラします。
ですが、納豆ごはんがうまいのですぐに忘れます。
納豆ごはんマジうまいですよね。

このブログも今日からメッセージ性を強くしようと思います。
納豆ごはんはマジうまいです。
もう一度いいます。納豆ごはんはマジうまいです。
  1. 2009/12/03(木) 23:11:03|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。