クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NHK「迷宮美術館」巨匠の言葉

いろんな画家の言葉とエピソードがコンパクトにまとまっていて読みやすい本でした。
どれか言葉を選んで何か書こうと思ったんですが、1つに絞れないのでやめます。
芸術家は本当にすごい。おもしろかったです。
  1. 2017/06/04(日) 00:05:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プログラムの不思議を解く -実力派プログラマのための教養としてのアセンブラ入門- [日向俊二(著)]

なんだかすごいタイトルですが、割と素直なアセンブラ解説本です。
1つ1つの命令にはあまり踏み込まずにCのソースと照らし合わせながら全体の流れを追うことを主眼としているようです。


[プログラムの不思議を解く -実力派プログラマのための教養としてのアセンブラ入門- [日向俊二(著)]]の続きを読む
  1. 2017/06/03(土) 01:34:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

FPGAの原理と構成 [天野英晴(編)]

前から思っていたんですが、CPUによって動くものを「プログラム」とか「ソフトウェア」とか呼びますが、
FPGAによって動くものを同じようにぴったり表した単語がないんですよね。
強いて言えば「回路」なんだと思いますが、これでは少し広すぎる気がします。
「HDL」は「プログラミング言語」と同じ位置づけの言葉だし。
というわけでなんとなくFPGAの中で動くものもFPGAと呼んでしまったりします。

そういうわけで、FPGAといったときになんとなくコーディングまで含めて考えてしまいがちですが、
この本は全くもってそんなことはなく、本当の意味でのFPGAすなわちゲートアレイの本です。
文法なんて全く出てきません。
CPUのアーキテクチャの本みたいで楽しかったです。

よく考えれば「プログラム」もCPUだけでなくGPUやパンチカードでも動くので、
別に「回路」では広すぎるなんてことはないのかもしれません。


[FPGAの原理と構成 [天野英晴(編)]]の続きを読む
  1. 2017/05/28(日) 02:34:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

モダンC言語プログラミング [花井志生(著)]

C言語はモダンになってもC言語だなと思いました。
いい意味で。


[モダンC言語プログラミング [花井志生(著)]]の続きを読む
  1. 2017/05/26(金) 23:43:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

情報理論 [今井秀樹(著)]

情報理論の教科書を読みました。
知識が虫食い状態だったので整理できてよかったです。


[情報理論 [今井秀樹(著)]]の続きを読む
  1. 2017/05/18(木) 23:37:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。