クリプキクローネ日記帳

ある種の音楽と数学とランニングはミニマルなところが似ていると思う。

マスタリングTCP/IP 入門編 [竹下隆史, 村山公保, 荒井透, 苅田幸雄(著)]

TCP/IPは末尾がPの略称が多すぎて混乱します。
結局ある程度自分で格闘したことのあるプロトコルしか覚えられないんですよね。

[マスタリングTCP/IP 入門編 [竹下隆史, 村山公保, 荒井透, 苅田幸雄(著)]]の続きを読む
  1. 2017/05/01(月) 00:36:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

イラストレイテッド 光の実験 [大津元一(監修), 田所利康(著)]

これは綺麗。
光学の教科書を読んでいる気持ちと綺麗な絵を眺めている気持ちを両方同時に味わえます。

[イラストレイテッド 光の実験 [大津元一(監修), 田所利康(著)]]の続きを読む
  1. 2017/04/23(日) 00:19:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

言語が違えば、世界も違って見えるわけ [ガイ・ドイッチャー(著) 椋田直子(訳)]

おもしろかったです。
言語が思考にどのように影響しているかという点について、
歴史上の様々な実験の結果から分かりやすく書かれています。

[言語が違えば、世界も違って見えるわけ [ガイ・ドイッチャー(著) 椋田直子(訳)]]の続きを読む
  1. 2017/04/22(土) 23:17:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

確率と確率過程 - 具体例で学ぶ確率論の考え方 - [ 柳瀬眞一郎(著)]

確率は割と序盤から言葉や記号がたくさん出てくるので難しいです。
しっかり読めなかったので感想を書くべきじゃないんですが、読んだ部分をゼロにしないためにも。


[確率と確率過程 - 具体例で学ぶ確率論の考え方 - [ 柳瀬眞一郎(著)]]の続きを読む
  1. 2017/04/18(火) 00:06:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コンピュータアーキテクチャ定量的アプローチ第5版 [ジョン・L・ヘネシー, デイビッド・A・パターソン(著), 中條拓伯、他(監訳)]

重い本でした。重量的も内容的にも。特に重量的に。
700ページは伊達じゃないです。

内容的にもすごく重いはずなんですが、細かいところは飛ばして読んでしまったので、
結果としてちょうどいい難易度でいい勉強になりました。

[コンピュータアーキテクチャ定量的アプローチ第5版 [ジョン・L・ヘネシー, デイビッド・A・パターソン(著), 中條拓伯、他(監訳)]]の続きを読む
  1. 2017/04/12(水) 22:52:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ